JavaScript

Javascriptで画面サイズを取得する方法

2020年12月17日

Javascriptで画面サイズを取得する方法

画面サイズを取得する

 

 

//画面サイズを取得する
function getScreenSize() {

  console.log(" 画面サイズの横幅 ");
  console.log(window.parent.screen.width);

  console.log(" 画面サイズの高さ ");
  console.log(window.parent.screen.height);
}

 

 

ウィンドウサイズを取得する関数

 

 

//ウィンドウサイズを取得する
function getWindowSize() {


  console.log(`ウィンドウサイズの横幅`);
  console.log(window.innerWidth);

  console.log(`ウィンドウサイズの高さ`);
  console.log(window.innerHeight);
}

 

 

使い方

 

 

//画面サイズの取得
getScreenSize();
//ウィンドウサイズの取得
getWindowSize();

参考

画面サイズを取得する

Javascriptで画面サイズを取得する

 

Pocket
LinkedIn にシェア

React入門者へおすすめ動画&書籍おすすめ!

フロントエンド入門者へおすすめ動画&書籍おすすめ!

  • この記事を書いた人

藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)

りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

-JavaScript

Copyright© off.tokyo , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.