KADOKAWA、情報処理や語学などの資格を取得した社員に対し、最大100万円の報奨金を支給

KADOKAWAは16日、資格取得で最大100万円の報奨金を出す制度を3月1日から導入したと発表した。

情報処理推進機構(IPSO)のITストラテジスト試験や弁護士資格などを取得した社員に対し、試験の難易度に応じて1万円から100万円の報奨金を支給する。

ITストラテジスト試験や弁護士資格のほか、語学、デザイン、経営、歴史、旅行など全116種類の資格のいずれかを取得した社員にも報奨金を支給する予定です。同じ資格でも等級や難易度が異なれば扱いは異なる。

制度の利用回数に上限はなく、また、制度対象外の資格であっても、業務上必要と判断される場合は、受験料などを全面的に支援するとのこと

RSS714
Twitter294
Pinterest450
LinkedIn94
Share
Instagram119
藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

ITニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。