iPS細胞などの培養をサポート 国内最大級の生産設備が神戸で稼動中。

神戸医療産業都市(神戸市)に、国内最大級の細胞生産施設がオープン。

この施設では、再生医療臨床試験で使用するiPS細胞由来の細胞を生産し、治療法の円滑な開発を支援するとのこと。

また、細胞生産工程を自動化できる最新鋭の設備を導入し、品質の確保・向上を測ることを目的とされている。

施設内には3つの「細胞生産エリア」を備え、複数の細胞生産を同時に受託することが可能とのこと。

RSS714
Twitter294
Pinterest450
LinkedIn94
Share
Instagram119
藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

科学ニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。