ITニュース エンタメ

「世界で最も危険なマルウェア6つに感染したノートPC」1億円超で競売中

0
0

 

 

 

Guo O Dongというアーティストの方が、

 

世界で最も危険なマルウェア6つに感染したノートPCに「The Persistence of Chaos」と名前をつけて、

 

芸術作品として100万ドル(約1億1000万円)以上の価格で販売しているそうです。

 

販売されているノートPCは「Wi-Fiに接続したりUSBメモリーを接続したりしない限りは安全」とのことですが、

 

非常に興味深いですね。。。

 

 

ニュースサイト「The Verge」のGuo O Dong氏のインタビューによると、

 

マルウェアをノートパソコンに詰め込む理由は、「デジタルの世界に存在する抽象的な脅威を、物理的なものにするため」だそうです。

 

Guo O Dongは、「コンピューター上で起こること(マルウェアの感染)を、実際には影響のないものにしてしまおうという、

 

この奇想天外な発想は馬鹿げています。マルウェアは現代社会の大きな脅威であり、私たちはその無害な形をアート作品にしたのです。

 

これが、 "The Persistence of Chaos "です。2008年に発売されたSamsung NC10-14GBのノートパソコンで、OSはWindows XP SP3です。

 

Pocket
LinkedIn にシェア

りょすけ
毎月3万人以上のプログラマーが訪れるoff.tokyoで、プログラマーさん向けのアンケートを実施しています、アンケートに無料回答すると、他の人の投票も見ることが出来ます!

学びたいプログラミング言語は何ですか?

 vaaaval@gmail.com



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)

りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

-ITニュース, エンタメ

Copyright© off.tokyo , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.