コラム

詰まったときに公式ドキュメント読んでも解決できないと思う話、なぜ公式ドキュメントは大事なのか

 

長年に渡りプログラミングの現場で色々な人と仕事をしていると、

 

実装面で問題にぶち当たったときに、

 

上手く動くコードを実装できる人と、問題解決が出来ない人がいます。

 

動くコードが実装出来ない人は、結局いくら頭を抱えても、

 

何故自分が上手くコード直せないのか分からない(そもそもだから詰まってる)のですが、

 

同時に非常に興味深いことに、コード上手く読める人書ける人も、

 

実際は何故自分が上手くプログラミング出来るのか説明できないものです。

 

誤解を恐れずに物申しますと、

 

プログラミングがすでにできる人は、彼らは単純に、「コードを一言一句読んでるだけ」と認識してますので、

 

何故プログラミング出来ない人が、そんなにもプログラミング出来ないのか正直良くわかりません。

 

抜群に教えるのが上手な人なら、彼らが抱えてる問題を、彼らの視点で分かりやすく解説出来るでしょうが、

 

大体の人はそういう面倒くさい行為に頭のリソースを使わないし、

 

ですんで、過去には自分だって初心者の頃があったわけですが、

 

勉強して出来るようになってからは、気が付いたら出来るようになってるっていう感じで、

 

今プログラミングを出来ない人は、自分で一生懸命勉強するしかないですよという感じで放置になってしまうわけです。

 

でも、これは半ば仕方がないことなのかなと思う自分も何処かにおります。

 

何故ならば、気が付いたらスパゲッティコードでも読めるようになってるというのは、

 

技術というものを考える上で至極まっとうな到達点だと思うからです。

 

つまり、技術というのは、論理で上手く理解する前に、皮膚感覚でつかめるくらい深い身体性の会得が必要なのであり、

 

なんと言っても皮膚感覚ですから、言葉で上手く説明できないのは当然のことなのであります。

 

それで、そのようなプログラミングの皮膚感覚を習得するには、

 

徹底的にプログラミング言語や、フレームワークの公式ドキュメントを読み込む必要がありまして、

 

それは、ある意味”公式”みたいなのを徹底的に体で覚えこませることで、

 

ありとあらゆる応用が利くようになると思うわけです。

 

だから、自分で動くコード書けるだけじゃなだめなのです、コードを読めるようにならないといけません。

 

自分でいくらプログラミングが書けても、他者のコードを読める方法は習得できません。

 

だけども、日々、公式ドキュメントを読み込んで隅々まで理解していると、何故だかどんなコードでも不思議と読めるようになっていくんです。

 

これは、驚きの事実です、自然に要点が読める感覚は、公式ドキュメントを隅々まで読むことでしか身に付きません、

 

そして、公式ドキュメントを読み込むと、初めて見る他者が書きまくったゴチャゴチャのソースを見ても、

 

なぜ、自然に読めるようになるんですか?

 

と聞かれても、それは上手く答えられないんです。

 

だから、プログラミング下手な人は、公式ドキュメントをよく読まない、利便性を実感できないからです。

 

そういう人は、詰まったときにエラー内容だけググって解決できなさそうだと、詰まってしまう。

 

でも、高校の入試試験とか、とりあえず範囲になってるところは、全て網羅して覚えようとするじゃないですか?

 

それで、例え暗記して結構すぐ忘れて不安になるけども、一度頭に入れた知識は、実際は問題で出たりすると集中してたら、

 

頭から引き出せて分かった!ってなることも多いじゃないですか?公式ドキュメントを日ごろ読み込むのは、こういうのに似てます。

 

そういえば、この前誰かが

 

「詰まったら公式ドキュメントに答えが書いてありますよ、だから公式ドキュメント読め」

 

と言ってるのを目にしたんですけども、どうですかね。

 

私から言わせてもらえば、

 

詰まってるときに、いくら頭を絞っても五里霧中で解決できなきゃ、

 

公式ドキュメントをちょっと読んだくらいで解決できるんですかね。

 

僕も常日頃から公式ドキュメントが大事だよと言ってますけれども、

 

それは、毎日の筋トレみたいに、

 

技術的な身体性を体得するには大事ですよと言ってますけども、

 

そもそも毎日筋トレしてないのに、急に重たいダンベル差し出されて、

 

「今二時間やるから筋トレして筋肉付けて、これ持ち上げろ」って言われても、

 

無理だと思うんですよね。

 

つまり、コード実装で詰まったときに、それを解決できるのは、公式ドキュメントではなく、

 

自分で脳みそ(既に自分が持ってる筋力)しかないって思っているわけです。

 

だから、詰まったら公式ドキュメントを読んでも意味ないと思います、いつも公式ドキュメント読んでる人が、

 

少し迷ったときに公式ドキュメントまた読むのは良いと思います。

 

ここら辺の公式ドキュメントとの付き合い方は、過去のブログにも書いたんで是非読んでもらいたいんですけども、

 

何故、公式ドキュメントが、そこまでコードを読み解く力を身に着けるのに大切なのかを実体験で語っています。

 

Pocket
LinkedIn にシェア

  • この記事を書いた人

藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)

りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

-コラム

Copyright© off.tokyo , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.