送金決済アプリのKyashが、Blockらから49億円を調達。

送金・決済アプリ「Kyash」を運営するKyashが、国内外の機関投資家からシリーズDラウンドで49億円の資金調達を行ったことが3月17日に分かった。Kyashは、スマートフォンアプリ上でプリペイド型バーチャルカード「Kyash Card Virtual」を発行できるアプリで、日本円の決済・送金機能を提供している。

今回のラウンドは、JP Investment、Block(旧Square)、Greyhound Capital、Altos Ventures、Goodwater Capital、StepStone Group、Yitu Capital、SMBC日興証券、三井住友海上キャピタル , AG Capital、JAFCO Group、SMBC Venture Capital、W venturesが中心になって行われた。

Kyashは、今回の資金調達により、人材採用による組織拡大、事業領域の拡大、サービス運営体制の強化を図る予定です。

Kyashの代表取締役社長である高取真一は、以下のようにコメントしています。

決済事業のみで持続可能なビジネスモデルを構築することが難しい業界において、今回の資金調達によりKyashが資本効率の高いビジネスを構築していると評価されたことは意義深く、お客様に信頼される企業として、さらなる提携・連携による事業拡大に取り組んでまいります。今回、創業以来ご支援いただいている既存株主の皆様からの追加出資に加え、米国を中心に金融セクターの変革をリードするブロック社から新たに出資を受け、グローバル投資家や日本の大手銀行からご支援いただけることを嬉しく思います。今後もその精神で事業を推し進めていきます。”

JPインベストメント マネージングディレクター 馬場佐久間は、次のようにコメントしています。

Kyashのユーザーファースト、モバイルファーストの理念とデザインは、従来の金融機関をアンバンドリングし、テクノロジーで再バンドリングすることを可能にします。Kyashの可能性と、コアサービスとしてのさらなる進化に期待しています。”

ジャフコのグループパートナーである藤井篤志は、次のようにコメントしています。

‘Kyashは、新しい金融ビジネスの創造という壮大なビジョンを信じている企業です。これまでの実績もあり、新たに強力な投資家を迎えることができ、嬉しく思います。ジャフコは、サービス開始前に最初の出資を行い、今回のラウンドで5回目の出資となります。さらなる飛躍と、次世代の金融企業になることを信じています。”

新たな株主となったブロック社は、デジタルウォレットアプリ「CashApp」を通じて米国でのビットコイン取引もサポートしており、今回のラウンドの大きな要因になっていると思われる。

今後、「Kyash」がBlockと連携して、ビットコインやその他の暗号資産の取引サービスを提供する可能性もあるかもしれない。

RSS714
Twitter294
Pinterest450
LinkedIn94
Share
Instagram119
藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

ITニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。