magazine off

テクノロジー・マガジン OFFです!コラム ✖️ 最新ニュースをほぼ毎日お届けしています。

Linuxの生みの親、リーナス・トーバルズさん「私はビジョナリーじゃないんだよ、5年計画などない」とバッサリ切り捨てる姿に完全に惚れた

 

ちょっと、すみません。

 

Linuxカーネルを開発したリーナス・トーバルズさんがカッコ良すぎるんです。

 

エンジニアの鏡、いや、神ではないでしょうか。

 

この前、リーナスさんがTEDで話してた動画を見たんですよ。

 

それが、下記の動画なんですけども、

 

 

ぜひこの動画見てくださいよ。ちゃんと、16:49分から始まるように設定したリンクにしてますから。

 

司会者の人が、リーナスさんに、「あなたのビジョンは?あなたはビジョナリーですよね?」と聞くんですよ。

 

そうしたたら、彼は、こんな風に言ったんですよ。

 

「あのね、ここ三日間、私はすごくここに居て居心地が悪く感じてるんだ、だって誰も彼もビジョンだのなんだの言うからさ。でもね、私はビジョナリーじゃないんだよ、5年計画などない。空を眺めて星に行きたいと言う人と一緒にいるのは構わないし、私もぜひ行きたいけどさ、根本的には、私は地面を見て大きく割れた穴に落ちる前に、それを見つけて直したいだけだ」

 

 

かっけええええええ!

 

 

うふよーー

 

 

黄色い声援、羨望の眼差し、雲の上の人、別次元の存在、神。

 

まあ、こういうことですな。

 

 

エンジニアの生き様ですよね、ビジネスなどどうもで良いんです。

 

ということで、この記事が面白いと思ったら、今すぐこの記事をお気に入りにして、RSSなどに登録して、

 

このブログから発信される情報を、直ぐにキャッチできるようにしてください。

 

このブログでは、ほぼ毎日、そのような有益で超楽しい情報発信しますから。

 

以上です!

コメントを残す