ホーム

『好きなことで生きてく』より『金になることを好きになる』しかない

『好きなことで生きてく』より『金になることを好きになる』しかない

#好きなことで生きていく #金になることを好きになる

好きなことで生きていく

好きなことで生きていく

こんにちわ、お元気に過ごされていますか。

 

りょすけです。

 

今日は、『好きなことで生きてく』というテーマで記事を書きたいと思います。

 

というのも、私は以前、下記のようなツイートをしました。

 

 

『好きなことで生きてる』人は、結局『金になることを好きになってる』という感じは否めない。労働のコストとして、余りある自由と経済的な豊さが手に入るなら、多少気の進まないことでも好きでやってやるぞという気合と、毎日続けることによる習慣化の結果『好きなことで生きる』が手に入っている。

 

このツイートの真意を、

 

具体例などを用いて語っていきたいと思います。

 

好きなことやって生きれる人は超絶に稀(まれ)である

まず第一に、今の時代はインターネットとSNSが発達しているため、

 

個人でも十分なお金を短時間で稼ぐことが可能になっていることは事実です。

 

ユーチューブやインスタグラムやTwitterで有名になってインフルエンサーになれば、

 

企業の商品の紹介案件や、広告収入だけでとんでもない金額が入る人もいるのも事実ですよね。

 

ユーチューバーとかは顕著な例だと思う。

 

『好きなことで生きてく』

 

なんて言葉もそもそも、YouTubeの宣伝から始まったムーブメントですよね。

 

が、実際はそんなに簡単な話しではない。

 

例えば、ヒカキンとかはじめ社長とか色々有名なユーチューバーの方がいますけれども、

 

大体からして疑問なのが、

 

スライム風呂って、本人たちが心の底からやりたいことなのでしょうか?

 

 

 

違うと思うんだよね、稼げるからやってるわけじゃないですか?

 

本人たちは面白おかしくやってるけど、

 

重要なこととしては、結局YouTubeで稼ぎたくても、このような稼げることをやらないと稼ぎづらいこともあるって話しなんだよな。

 

 

もちろん、例外はある。

 

好きなことを自由にやってて、真摯に努力すれば、真っ直ぐ上に行く人もいるわけだが、

 

自分がその例外の一人に入ってるかどうかは正直極めて怪しい。

 

上記のツイートでもしたように、

 

一番苦労するのは、実はお金になりにくい好きなことをすることなんだよ。

 

この前、サカナクションの山口一郎さんのYouTubeを見たのですが、

 

 

ライスワークとライフワークの話しがとても面白かった。

 

 

東京で音楽を作っていく上で、本当に美しくて難しいものを作ったら、評価されると思ってたのが逆で、楽しませるためにはどういった物を作れば良いのか、ライスワークとライフワークのうちの、ライスワークの方を充実させていかないと、この街で音楽を作って生きていけない。

 

この話しはめっちゃ勉強になるし、同時に勉強できるなと思った。

 

ブログで食っていくならライスワークを充実させなきゃいけない

 

個人的な話しなるが、今書いてるこのブログだって、

 

ライスワークをもっと充実させなきゃって思っているんです。

 

僕は、このブログを2018年から始めているわけですが、

 

好き勝手書いてても勿論豊かにはなれない。

 

まさにブログこそ、ライフワークとライスワークで言えば、

 

ライスワークーを充実しないとダメなんだなって痛感してることだらけなわけです。

 

具体的に言えば、

 

僕がどんなに気合を込めて書いた自己啓発の本質的な記事よりも、

 

5分でテキトーに書いた「ローランドの実家がヤヴァイ」とかいう記事とか

 

「堀口恭二が強すぎる」みたいな記事には圧倒的に勝てなかったりする。

 

勿論、彼らの人気がなくなれば、永続的にPVは伸びなくなったりするんだろうけど、

 

勿論短期的に流行ってるテーマには絶対に勝てない。

 

また、同じように、アフィリエイトをするのにしたって、

 

ちゃんと売れる商品を、売れるやり方で、ルールに従って記事を書いていかないと、

 

自分が好きなように、好きなものを紹介して食っていけるほど甘くもない。

 

プログラミングを学んだだけでワーキングプアから抜け出せた

 

また、さらにもう一つ個人的な話しをさせていただくと、

 

この話しは別の場所でも何回もしてるんだけど、

 

【驚愕】年収300万円と1000万円の人の違いは結局●●でしかなかった

 

結局、年収を決めるのは自分が属する市場の規模が8割だと痛感した話

10代の後半、僕はワーキングプアで大学も辞めてしまって、

 

学歴も職歴もない最悪のフリーラーをやってたんだけど、

 

ふとしたきっかけでプログラミングを学び始めて、プログラミングを好きになることができたら、

 

どれだけ努力してもフルタイム月収15万手取りもいかなかった倉庫での仕事とか、飲食店での仕事が、

 

プログラマーとしてのインターンで、

 

週に3回時短勤務リモートワークで手取り15万もらえたり、

 

フルタイムの受託契約で70万手取りとかもらえたりする。

 

二十歳そこそこでですよ?

 

これはまさしく『金になることを好きになる』からこそ出来たことであり、

 

事実は小説より奇なりって言葉があるけど、

 

現実の世界で実際に起こる出来事は、空想によって書かれた小説よりもかえって不思議であるという意味のことわざ。「事実は小説より奇なり」は、イギリスの詩人バイロンの作品「ドン・ジュアン」中の一節から生まれた表現である。関連して、アメリカ人作家マーク・トウェインの「Truth is stranger than fiction」という言葉も有名である。

 

僕から言わせれば、現実は当たり前のことしか起こらないって感じなんですよね。

 

誰が見ても分かりやすくて簡単なものは、誰がやっても簡単だし、

 

誰が見ても難しそうなものは、やっぱり誰がやっても難しいわけですよ。

 

「好きでやりたいこと」「気が進まないけどやらなきゃいけないこと」

 

二つをバランスよく混ぜ合わせないとマネタイズは出来ない。

 

それが現実です。

Pocket
LinkedIn にシェア

-ホーム
-,

Copyright© off.tokyo , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.