ホーム

まだLPデザインで消耗してるの? | 商品売りたきゃ、まずは本質を見抜け!

2020年8月20日

0
0

 

皆さまどうも、りょすけです。

 

本日は、LPに関して話しますが、

 

LPの作り方とか、WordPressの使い方とか、フォトショの使い方は説明しません。

 

もっと商品を売るために本質的な話しをします。

 

LPは、見込み客をコンバージョンさせるために大切な要素ではありますし、

 

Webマーケティングには欠かせないです。

 

LPが悪ければ、お客様が商品を購入してくれないわけですが、

 

でも、皆んなLPに関して勘違いしてることがあると思います。

 

それは、

 

皆んな、デザインとかビジュアルにこだわりすぎじゃない?

 

ってことです。

 

実際のところ、これは過去の自分もそうだったわけですが、

 

商品を売るためにLPデザインがどうこうっていうのは、気にしなくていいと、今は信じています。

 

試しに、ピンタレストとかでLPって検索していて色々見て欲しいのですが、

 

化粧品のLPにしても、綺麗なものから、まあまあ普通のものまで、色々あって、

 

じゃあ、デザインが秀逸なLPが売れるLPなのか?

 

って深く考えてみれば、

 

そこに優位性なんて別になくない?

 

って気がつくと思います。

 

皆んな、LPって検索すると綺麗なものばかり出てくるから、

 

俺らも、こういう風に作らないと、競争に勝てない...

 

って競合他社を無意識に意識するわけです。

 

昔、アマゾンを一代で創りあげた天才、ジェフ・ベゾス氏がこんなことを言ってました。

 

多くの人々は、競合にフォーカスする、でも、そんなもの意識しなくて良い、意識しなきゃいけないのは顧客だろう?。競合他社は、お前に一円も払ってくれないぞ?

 

まさにこれ。

 

LPのデザインばかり過度に気にしちゃう人って、

 

ここら辺の意識を持てば学ぶべきことが変わってくるはずです。

 

 

人々は、見たくれで商品を買ってないです、文章で商品を買っているんです。

 

 

事実、俺はダサいLPや、デザイン無視のブログから、

 

コンバージョンできた経験がありますし、

 

LPのデザインに納得ができず、進まないなら、

 

ブログ記事にリスティング課金した方がまだ100倍マシです。

 

昔の失敗談を振り返ると、

 

売れるLPってどうやって作るのだろう?って悶々として、

 

本を読んだり、他のLPを真似したりしたけど、コンバージョンはそこまで変わりませんでした。

 

さらに、綺麗なデザインを作るため、

 

LP運用を止めて、経験値を得れなかったことも損失大きすぎました。

 

結局のところ、そのLPが売れるかどうかなんて、デザインで決まらない。

 

デザインで売れることはあるかもしれないが、本質じゃない。

 

その商品が売れるかどうかは、本人が見つけるしかない。

 

だってさ、LPって言ったって、商品によって売り方、作り方、無限にあるんだぜ?

 

広告の出し方、出す場所、誰に出すか、どう出すか、

 

商品によって無限に戦略を考えなきゃいけないんだ。

 

だから、LPのデザインが細かいどうこうで動きが止まってたら全然ダメってこと。

 

そんなことするくらいならさっさと口コミレビューSNSとかで集めてブログ記事でおすすめして、

 

楽天市場へリンクつけて広告回しまくれって、単純に思うんです。

 

結果からしか、復習、反省、改善などできない。

 

出す前に直して時間無駄にする馬鹿どこにいるよ????

 

以上、ありがとうございました。

 

【マーケの基本】ちゃんと対象者を限定してる?【一つだけ言う】が集客の基礎

Pocket
LinkedIn にシェア

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)

りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

-ホーム
-, ,

Copyright© off.tokyo , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.