前澤友作氏が家庭用ロボット事業に参入、前澤ファンドが家族型ロボット「LOVOT」のGROOVE Xの株式の過半数を取得する。

ロボットスタートアップのGROOVE Xは3月15日、前澤友作氏率いる前澤ファンドが2022年3月15日付けでGROOVE Xの株式の過半数を取得し、2022年4月5日付けで前澤ファンドがGROOVE X全株を取得すると発表した。

前澤氏は、GROOVE Xの家庭用ロボット「LOVOT」を通じて、家庭用ロボット事業に参入する。同社の代表取締役社長である林要は引き続きその任に当たり、日本発の世界に通用する新産業として、前澤氏と共にLOVOT事業を推進する。

前澤氏は、「掃除や作業をするロボットではありませんが、こんな時代だからこそ、人を温かく幸せにできる存在に大きな可能性を感じています」とコメントしています。また、林社長は「ファッションやアートに造詣の深い前澤氏を株主として迎え、さらなる飛躍を遂げられることを大変うれしく思っています。前澤氏の豊富な経験、人脈、資金力をもとに、日本発の新産業である『LOVOT』を世界に発信し、テクノロジーの平和利用を推進していきます」と述べています。

RSS714
Twitter294
Pinterest450
LinkedIn94
Share
Instagram119
藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

ITニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。