経営者がケチなのは身を滅ぼしかねない。

皆さんこんにちわ^^

『大きなことを成し遂げられる能力があるひとはいっぱいいるが、大きなことを成し遂げるために必要な精神の強さを持つ人は少ない』

Ryosukeでございます(Twitter -> @ryosukehujisawa)

スポンサードリンク

人を雇うというの本当に難しかった

人間、若い頃は何にだってなれるものだと勘違いしがちです。

私もそうでした。

今思い返せば、もう顔をあわせることができないと

悶絶するくらい恥ずかしい過去が何個もあります。

主に、ビジネスに関して笑

自分ができると思ってたことを、

『こうすればいいじゃん!』

『俺ならできるじゃん!』

って言ってたことが本当にまるでできなかったりすると、

ああああ

『あの時あんな偉そうに言ってごめんん』

ってなります。

スポンサードリンク

1ヶ月7万のバイトを雇う辛さ

当時、私は22歳、初めて東工大の学生を一人バイトで雇いました。

当時(今も開発を続けてるんだけど)

https://www.finddoctor.jp/

というヘルスケアに特化したブログサービスを作ってまして

その開発をお願いする(育てるつもりで)雇ったんですが

お世辞にもプログラミングがよくできるとは言えず…

全然前に進まなくて

だんだん嫌になってきて、半分はプログラミングの仕事

半分はウェブライティングの仕事を投げるようになりました。

結局そのライティングの仕事もよく回らず、

多分2ヶ月くらいで断念。

スポンサードリンク

1ヶ月に十万の社員を雇うコスパの悪さ

その後、これは2019年の話しです。仕切り直しに、当時、雑貨店で働いてた知り合いをコンテンツ制作要員としてガッツリ正社員で雇おうと決めて、手取り20万円で雇用の約束を結びました。

彼は、今一応雑貨屋で働いてるけど、普通に仕事終わった後とか、休日とか稼動できます!頑張りましょう!と言うので、私は彼に直接完全雇用前に色々仕事をお願いしてたんですが

約束してたコンテンツ作りのために待ち合わせしてると、体調悪いとドタキャンしたり、約束通りにコンテンツを納品してくれなかったり、その言い訳に、思った以上に今の仕事が忙しくなってしまったみたいな言い訳を聞いてるうちに、僕が怒ってしまって、というか、耐えられなくなってきて、断念。

スポンサードリンク

1ヶ月2万5千円のバイトを雇うのすら嫌気が差す

そして今、2020。私は化粧品の代理販売をやってるんですけど

その販売要員として、求人募集で知り合った女性に

営業代行みたいなことをしてもらってるんですが

全然売上は伸びない。

んで、マーケティングみたいなことを勉強し始めて、

こうすればいい!と言う道が少しずつ見えてきたところで

彼女は在宅で働きたいし、月に3回しか働かないし、

このまま彼女を月に三回稼動でも雇いたくない気持ちが出てきてしまっている。

なぜなら毎月二万五千円払っててても得する感じがしないから。

スポンサードリンク

我慢弱い

いやああこれら全て

僕の資金的にはまだまだ我慢できたレベルなんですけど

なんだろう。

無意味にお金が流れていくことに

あまり頑張らない従業員に対して

なんか嫌になってしまいます

どこまで我慢すればいいんだろう

どうやってうまく彼らをマネジメントすればいいんだろう。

わかんねえええええ

スポンサードリンク

でもこれだけはわかる

本当はもっと成功する経営者って

バーーーンッて大胆に飛び出して

身を削って彼らを守ったりするのかなーって。

思ったりすると

こういうケチな考えで

すぐに契約終了させるのは

よくないのかなーーー

って。

わかんねええ。

難しいいい。