マスターカード、ビザがロシアでの事業を停止

マスターカードとビザはロシアでの事業を停止している、と両社は土曜日に、ウクライナ侵攻後の同国の金融システムへの最新の打撃で述べた。

Mastercardによると、ロシアの銀行が発行したカードはネットワークでサポートされなくなり、国外で発行されたMastercardはロシアの店舗やATMでは機能しなくなります。

マスターカードは声明のなかで、「この決定を軽視しているわけではない」と述べ、顧客、パートナー、政府との話し合いの末に動き出したと付け加えた。
関連記事

プーチン大統領は、ウクライナの飛行禁止区域は「武力紛争への参加」と見なされるだろうと警告している

Visaは、ロシアのクライアントやパートナーと協力して、今後数日間ですべてのVisa取引を停止すると述べました。

ビザの会長兼最高経営責任者であるアル・ケリーは声明のなかで、「ロシアによるウクライナへの挑発的な侵略と、私たちが目撃した容認できない出来事に続いて行動することを余儀なくされている」と述べた。

RSS714
Twitter294
Pinterest450
LinkedIn94
Share
Instagram119
藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

ITニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。