ホーム

見た目良くて、そこまで嬉しいかn

 

皆さんどうも、おはようさん。

本日は、ちょっと見た目の良し悪しに関してコラムを書いてみたいと思うねん。

僕は一時期、自分の見た目の良し悪しについて、ずいぶん真剣に考えてたことがあるんや。

特に十代の後半とかは、その傾向が顕著やったんやけど、どうやったら、よく知りもしない人から、カッコいいねって思われるのか、かなり真剣に検討しとったし、

勿論、それ以前に自分の見た目が醜くなっているような錯覚に陥って大変に困ったこともあるし、まあ、いずれにしても、結構な額の金銭的な投資もして、頑張っとったんや。

でも、ある時期から、そんなことを続けてどうなるんやろって、様々な思考の末にたどり着いたんや。

当たり前の話やねんけど、いくら僕が自分の財産を突っ込んだところで、僕はリバーフェニックスには、なれへんわけやろ。

手も足も長くならへんし、神様はどうして僕の頭蓋骨を、もう少しこう小さく立体的にしてくれへんかったんやろって恨んでも仕方あらへんねん。

大昔やねんけど、学生の頃に、僕は佐藤勝利くんとか、京本大我って人を間近で見たことがあんねん。

当時としては、ホンマ、不幸せになるのは恐ろしく簡単やなって痛感したんや、人と比べればええねん。

天は二物を与えずって言葉が世の中にはあってな『天は一人の人間に、いくつもの長所や才能を与えてはくれない』っていう意味やねんけど、

あの言葉は真っ赤っかな嘘や。本当に才能が豊かでいいですねって子供心にアイデンティが崩壊するっていうか、あれほど世界を呪った経験はなかったな。

まあ、逆に言えば、そういう不平等は僕に『何クソー』って反骨精神を育ててくれたわけやから、言ってしまえば、彼らも僕にとっては、ストレスくれるネガティブな恩人やったわけやけど、

ぶっちゃけ綺麗事を抜きで言わせてもらうと、見た目がいい人っていうのは、恋愛に限らず、人に対してアプローチしたら成功率が上がるわけやん。

脳科学の世界でも実証されてんねん、アナウンサーの女性は見た目がいい人が多いねんけど、あれは、見た目がいい人が何かを話すと信憑性が上がるからやねん。

世の中はほんまに不平等やって思う気持ちもわかるわ、だって見た目の良さなんて、ご両親の功績であって、本人の実力ちゃうやん。

でも、だからって永遠に腐っててもアカンし、今となれば、もっと君が手にしたいものが、あるんとちゃうんって今は過去の自分に言いたいです。

見た目というのは非常にパワフルだし、見た目がいいことは価値やと思うんや、文字通りギフトやと思うんや。

きっとよく知りもしない人からモテたりすると思うし、自分かて、綺麗な人を拝見させてもらうと、テンション上げていただいて、有り難いって思うわけやん。

僕がよく行くカフェには、綺麗な店員さんと、太ってる男性が働いてんねんけど、やっぱ綺麗な店員さんが、笑顔で僕にコーヒー渡してくれた方が俺かてガキみたいにウキウキすんねん。

んーー、でもなんて言えばいいのか難しいねんけど、そのカフェには、綺麗な店員さんが三人おんねん(笑)

僕からしてみると、綺麗な人だったら、別に三人のうちの誰が来ても有り難い気持ちになるねん。

つまり、別の言い方すると、誰でもええってことやねん。

つまり、めっちゃ表面的やねん。

しかも、一番重要なことやねんけど、僕は彼女たちに『鳴呼、非常に綺麗な見た目をされてますね、いつもコーヒーもらって感謝です、ほんの少しだけ、1日が明るくなります、合掌』なんて口が裂けても言わへんわけやろ。

愛想もよくしないし、笑顔も返さへんし、ただ心の中で少しだけテンション上がるだけや。

だから、どんなに見た目が良くても、多くの人は、あんまり自分の見た目が良いことを気がつかせてくれるシチュエーションなんてあらへんねん。

しかも、そんなこと面と向かって言われても『それ、お世辞やろ』って潜在意識で思うから、結局、他人からの評価では見た目で幸せを勝ち得ることは不可能やねん。

てか、むしろどうでもいい人から好かれて、重要な人にどうでもいいみたいに扱われる方が傷ついたりして、なんで自分を認めてくれへんのってなるねん。

他者に依存することは、そこまでリスクある生き方やねん。

それに、全ての人は見た目にはタイプがあるのを知っていて、ぶっちゃけブラットピットみたいな人が好きな女性が、ジャニーズジュニアみたいな男を見てもなんとも思わへんことも事実や。

ちなみに、仮に僕が見た目をよくすることを超絶に頑張ったところで、

将棋みたいに勝ち負け白黒、誰かが付けてくれるんか?誰かが俺をいつも褒めてくれるんか?誰かが俺に金を納めてくれるんか?誰かが俺のために1日、大切な命の時間をくれるんか?

全然そうじゃない。

んー、なんかおかしなこと言い始めてないか不安になってきてんねんけど、

つまり、見た目がいいからってスペシャルにならへんねん、周りの態度は変わらへんねん。

自分の見た目が良いか悪いかなんて、いつも確認できるもんとちゃうねん。

周りから褒められても、実際は嬉しくないねん。

だから、そんなものに拘泥してると、不幸になるねん。

なので、見た目っていうのは結局、スポーツや化学や、エンジニアリングみたいに、極みを目指すものじゃないってことです。

もちろん、不潔な状態から清潔な状態になれば、キモがられたりする確率は限りなく減るわけど、

でも他方で、そんなことは、わざわざ極みに達しなくたって、ユニクロの服のカッコよくきめて、風呂入って歯を磨いて清潔にしておけばそれですむ話や。

多分これは、病気に対する姿勢にも似てると思うんやけど、最低限の対策だけは毎日ちゃんとして、あとは何も気にせず、過度に入れ込まないって言うのが一番、健全やねん。

ちょっと話しがずれるけど、僕は難病系の動画とか、余命宣告系の動画とか、末期癌系の動画とか、そういう情報は一切入れません、ネガティブな観念が入り、自分の心にそういう悪しき観念がインセプションされ、逆に病気を呼び寄せる気がするからです。

長くなってしもうたけど、最後に、僕の好きなトレードの本の一節を紹介します。

"彼らはどのようにマーケットを研究すれば儲けられるかを考えている。トレーダー的思考法を習得しようとは考えていないのだ。ほとんどの人がこのワナに落ちる。「マーケットについて知らないことがあるから損をしてしまう。だから一貫した結果を残せないのだ」と考えてしまい、多くの心理的要因を安易に扱ってしまうのである。 しかし、事実はまったくそうではない。私たちが探し求めている一貫性は、自分の心のなかにある。マーケットのなかにはないのだ。"

以上、ありがとうございました。

 

Pocket
LinkedIn にシェア

-ホーム

Copyright© off , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.