マイクロソフト、年間40万トンのCO2排出を削減するデータセンターを建設。

マイクロソフトは、フィンランドの電力会社フォータムと提携し、廃熱を利用して住宅や企業を暖めるデータセンター構想の計画を発表しました。

このプロジェクトは、世界最大の廃熱リサイクルプロジェクトとなる予定です。

データセンターは、フィンランドの首都ヘルシンキに建設される予定です。このデータセンターでは、100%無公害の電力を使用し、サーバー冷却時に発生する廃熱をフォータムが回収し、家庭や企業に接続された地域暖房システムに転用することで、世界最大の廃熱リサイクルを実現するとのこと。

フォータムによると、接続される地域暖房システムは、総配管長900kmとフィンランドで2番目に大きく、ヘルシンキに隣接するエスポー市とカウナイネン市、キルコヌンミ市に住む約25万人が恩恵を受ける予定、

フォータム社の社長兼CEOであるマルクス・ラウラモ氏によると、この計画によって年間約40万トンのCO₂排出量が削減されるとのことです。

RSS714
Twitter294
Pinterest450
LinkedIn94
Share
Instagram119
藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

ITニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。