ITニュース エンタメ

物議を醸している人気ストリーマーが、Minecraftの最速クリアでチート疑惑を告白。

2021年5月30日、人気ゲーム「Minecraft」のライブストリーマーとして知られるDream氏が、テキスト保存サービス「Pastebin」で声明を発表し、2020年末から不正行為を指摘されていたMinecraftの実況プレイに、Real Time Attack(RTA)で禁止されているMODを使用していたことを認めました。私はリアルタイムアタック(RTA)で禁止されているMODを使用していました」と、不正行為を認める声明を発表しました。

Minecraft」の巨大ストリーマー「Dream」が奇妙なスピードランニングのスキャンダルに巻き込まれた。

マインクラフト」は、ブロックで構成された世界でサバイバル生活を楽しみ、ブロックを自由に配置して建築を楽しむことができるゲームで、2019年には累計販売数が1億7600万本を超え、「世界で最も売れたゲーム」となるほどの人気を誇っています。

by BagoGames

2020年10月、ドリームはMinecraftのJava Editionバージョン1.16のリリースを発表しました。2020年10月、ドリームはタイムアタックの記録を集めるサイト「speedrun.com」に、「Minecraft Java Edition version 1.16」のタイムアタック動画を投稿しました。

以下のムービーは、Dream氏のMinecraftタイムアタックストリームの一部です。

Minecraft Speedrunner VS 3 Hunters GRAND FINALE - YouTube

 

しかし、ドリームさんが投稿した動画を確認したspeedrun.comのモデレーターは、「ドリームさんのプレイは、MODを使用しているため違法である」と判断し、記録を認めませんでした。

エンダードラゴンのいる場所に行くためには、「エンダーアイ」という複数のアイテムを使ってテレポートする必要があり、このアイテムを手に入れるためには「エンダーパール」と「ブレイズロッド」という非常に入手困難な素材を手に入れる必要があるのだそうです。Dreamsさんの動画では、「エンダー・アイ」を作るための素材のドロップ率が異常に高かったため、モデレーターはMODの使用を疑ったそうです。

speedrun.comのモデレーターであり、ミンクラフトのタイムアタックを研究している有志が、ドリームのプレイがいかに不可能であるかを29ページ(PDF)の論文にまとめ、2020年12月11日に発表しました。この論文では、ドリームのアイテムドロップ率を複雑な数式や二項分布などの理論を用いて検証し、司会者チームは「ドリームの配信におけるドロップ率は非常に例外的であり、分析する必要がある」と主張しました。

司会者チームは、「ドリーム氏の配信におけるドロップ率は非常に例外的であり、分析が必要である」と主張しました。論文の内容をまとめたムービーを以下に掲載します。モデレーターチームは、「ドリームさんのプレイにおけるドロップ率は、1770億分の1しかない確率に基づいており、あまりにも偶然の産物である」と主張しています。

Did Dream Fake His Speedruns - Official Moderator Analysis - YouTube

 

 

この論文を受けて、Dreamはモデレーターチームを強く批判し、「モデレーターチームは不公平で、無神経で、プロフェッショナルではなく、私はそれにうんざりしています」とコメントしました。

 

さらに、Dreamsは12月23日、天文学の博士号を持つ匿名の研究者の協力を得て、モデレーターチームの論文に反論する論文(PDFファイル)を発表しました。この論文では、エンダーパールやブレイズロッドなどのアイテムドロップ率に関する統計学的な理論がまとめられていました。しかし、モデレーターチームは「匿名の天文学者の数学はくだらない」と断言し、12月30日に反論となる論文(PDFファイル)を発表しました。

その結果、speedrun.comのモデレーターチームと、Twitchのフォロワー数470万人、YouTubeのチャンネル登録者数2,280万人の人気ストリーマーであるDreamさんとの対決は、他のMinecraftユーザーやDreamさんのファンを巻き込んだ大論争に発展してしまいました といった声が上がっています。

2020年5月30日、ドリームは突然、「午前4時にお風呂の中でスマホで書いた」という2,000語の声明をPastebinに公開しました。声明の中でドリームは、カスタムドロップ率を上げるカスタムデザインのMODを使用していたことを認め、「このMODが潜在的に問題を引き起こしていたかもしれません」と謝罪し、「このMODがモデレーターに指摘されるほどの重大な違反だとは思いませんでした。と謝罪しました。モデレーターの批判は、人気YouTuberである私を揶揄したものだと信じていました」と、最終的に被害妄想に陥り、まともな思考ができなくなっていたと説明しています。

by downloadsource.fr

ドリームの釈明を受けて、反論動画を作成した司会者チームの一人であるジオは、ツイッターで「ドリームと私はまた落ち着きました。今日でやっと喧嘩が終わってよかったです。

 

 

 

Pocket
LinkedIn にシェア

  • この記事を書いた人

藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)

りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

-ITニュース, エンタメ

Copyright© off.tokyo , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.