暗号(仮想)通貨とNFTの違い

この記事では、NFTと暗号(仮想)通貨の違いについて、入門者向けに解説をします。

シンプルにまとめると、NFTと暗号(仮想)通貨は、共に同じテクノロジーと原則を用いてブロックチェーン上に構築されてい流のですが、

暗号(仮想)通貨は文字通り通貨なので、他のすべての通貨と同様に、経済的価値しかなく代替可能です。

NFTの場合は、「歴史」や「文化」の一部と見做されるため、NFTを売買するために暗号通貨が必要になり、付加価値が出ます。

まあ、NFTは売り物、暗号(仮想)通貨はお金と考えれば早いでしょう。では、本題でもう少し丁寧に説明していきましょう。

暗号通貨

暗号(仮想)通貨というのは、誰でもアクセスできる公開元帳で行われたすべてのトランザクションに関するデータを、

記録および保存するブロックチェーンテクノロジーで実行されます。 これは分散型システムであり、集中型の規制から独立されている点がポイントです。

すべてのトランザクションは分散型の元帳に記録され、誰でも見ることができるため、中央機関の必要性がなくなります。

NFT

NFTは、実世界のアイテムを表す他に類を見ないデジタルアセットです。 NFTは互換性がなく、代替可能なトークンである暗号通貨とは異なります。

これは、NFT暗号(仮想)通貨のように取引できないことを意味します。ただし、 NFTもデジタル元帳によって管理され、すべてのトランザクションはオンラインで行われます。

両者ともに、ブロックチェーン上で実現されているテクノロジーであることは変わりありません。

NFTと暗号(仮想)通貨の違い

二つの主な違いは、NFT暗号(仮想)通貨と違って、実世界の資産の一意の表現であるため、相互に交換できないことです。

暗号通貨は、それらの価値を失うことはないので、お互いに交換することができます。

暗号通貨とNFTは分散化されており、それらを実行するコミュニティによって規制されています。

RSS714
Twitter294
Pinterest450
LinkedIn94
Share
Instagram119
藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

NFTweb3仮想通貨

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。