ホーム

プログラミングの腕が上がる勉強方法6箇条

特殊文字の書き方を覚える


特殊文字の意味を正確に把握することは、複雑なコードになればなるほど、コードの可読力につながります。書き方を覚えるようにしましょう。括弧や中括弧やカンマやコロン、言語を構成する特殊文字の記述方法はすべて暗記するぐらいよく見ましょう。書き方を知らないと、自分の実装そのものがおかしいのか、たんにシンタックスエラーなのかよくわからなくなります(エラーログが教えてくれるけど)なので、その特殊文字はどういう効果を持っているのか、なぜそこに存在しているのか、読み飛ばさずになんとなく行かずに、を頭に入れながらソースを読むようにしましょう。

 

言語の文法を覚える


特殊文字だけ覚えても、もちろんコードが書けるようにはなりません。ましてや、他人のソースそのものを真似していたら永遠に自分のコードは書けません。関数の書き方、関数の呼び方、変数の定義の仕方、様々なメソッドの活用方法を覚えましょう。どんな言語にも、独自の書き方がありますし、JSなど無限のサードパーティであふれている言語には、作者独自の実装方法が採用されていますので、文法を覚えるのは重要です。

 

作法を覚える


これは、文法を覚えるとうものに似ているのですが、多少違います。文法を覚えることをミクロ経済だとすると、言語の作法を覚えるのはマクロ経済です。意味わかりませんか、困ったなあ。なんとうか、プログラミングの良いところは、オープンソースな世の中で良いサンプルがたくさんあるということですが、プログラミングの作法のようなものを理解していないと、コピペ実装以外できなくなります。作法というのは、細かい言語使用を覚えることとは違いますから、関数の書き方を覚えていても他人のオープンソースを活用することはできません

 

パラメーターを変えたりして構造を覚える


では、プログラミングの作法を覚えるためには、どうすればいいのでしょうか?例えば、私は外部ライブラリを使うとき、はじめは多量のソースの中からどういう風に活用すればいいのか分かりませんでした。でも、パラメーターを見分けることぐらいはできたので、パラメータをいじり、パラメーターをいじるとどういう風に実行結果が変わるのか観察しました。そうすると、この実装の意味はよく分からないけど、とりあえず、このコードを使うことでこういう実装ができるという発想を展開することができます。そして、実際に使ってるうちに、その実装の細かい仕様もだんだんわかってきます。プログラミングは頭の作業に見えて半分体で覚えてしまってる部分があります、それが、作法を覚えるということです。

 

引き出しに入れる


プログラミングは、似たような事情を繰り返すことが多いため、多くの引き出しの中から多くの技を引き出す記憶力があると実装に強いですし、エラーにも強くなれます。引き出しから知識を引き出せるように、実装という引き出しを頭の中に作り、実装状況を想定しながら勉強すると、思い出す力につながります。大体からして、記憶力は復元力ですから大切です。

 

ルールに忠実に


プログラムには、ルールがあります。マナーもあります。マナーは警告されるだけ済みますが保守性を低め可読性にともしいソースになります。そして、ルール違反は受け付けてくれません。ルールを熟知していると、ちょっとくらい血迷っても迷うことがなくなるので、つまんないことで足踏みしなくて済みます。言語のルールに忠実に従うことが大事です

Pocket
LinkedIn にシェア

ご報告

off.tokyoは法人化しました、Web/Mobile コンサルティングのご相談なら、bid companyへお問い合わせください :)

ご提供 sponsor
 

Meee!(ミー)は、ビジネスからプライベート利用まで、個人のスキルを気軽に売り買いできるスキルマーケットです。カテゴリや居住地から、検索することが可能です。

 

ランゲージエクスチェンジは、ネイティブスピーカーと気軽にマッチングできる言語交換プラットフォームです。あなたの地元に住む外国人を探したり、留学や海外移住の前に、現地のネイティブスピーカーと繋がることもできます!

宣伝
 

りょすけトークchは、仕事や私生活をより豊にするYouTubeチャンネルです。文献(本、映画、論文)から役に立つ情報をまとめ、生涯にわたり役に立つ哲学をお届けしています。是非、チャンネル登録してみてね

  • この記事を書いた人

ryosuke-hujisawa

-ホーム

Copyright© off , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.