投稿者 : 藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa) りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

【不労所得】プログラミングとアフィリエイト極めると無敵になる件

更新日 :

今回の記事では、『プログラミング』『アフィリエイト』に興味を持っている方へ向けて、

 

この二つのスキルを身につけることが、どれだけ将来的に価値のあることかを解説していきます。

 

今の時代、『プログラミング』を学ぶだけで生涯仕事に困らないと言われる時代、

 

それに加えて、アフィリエイトまで上手に出来たら、本当にお世辞とか抜きで経済的な無敵になれると思います。

 

文字通り、死ぬまでお金と仕事に困らないでしょう。

 

プログラマーの給料の高さはチート級

まず第一に、プログラミングを学ぶことで得られる大きな恩恵として、給料の高さが挙げられます。

 

はっきり言って、プログラマーの給料の高さは、ちょっとチート級です。

 

腕のあるエンジニアなら、20代前半でも正社員で年収1000万超えを狙えるでしょう。

 

フリーランスエージェントとかを使えば、普通レベルのエンジニアでも手取り80万くらいは手取りで稼げます。

 

プログラマーという職業の凄いところ

 

プログラマーという職業の凄いところは、プログラミングを学んだ人は全員そのくらいの給料を目指せるという点です。

 

自分でリスクを負ってビジネスをやらなくても、誰でも平均的に高い給料をもらう事が出来るのです。

 

つまり、リスクが少ないのにメリットは大きいです、努力が必ず報われるのがプログラマーという職業です。

 

例えば、アフィリエイトを自分でやる場合は、自分のお金を生贄にするというリスクがあります。

 

また、マーケティングの職業で、企業に雇われて働くと、プログラマーほどの高給を出してくれる会社は少なめです。

 

給料の側面だけで見れば、青天井に稼げるアフィリエイト(マーケター)よりも、ソフトウェアを書ける方が企業は高いお金を出すのです。

 

アフィリエイトを学ぶとプログラマーより稼げる可能性がある

次に、アフィリエイトの魅力も紹介します。

 

多くの人は、アフィリエイトを始めるとき、ブログを始めると思うので、ブログ前提で話を進めますが、

 

ブログ(アフィリエイト)というのは、無料で学べる最強のマーケティングツールだと思っています。

 

普通、マーケティングの仕組みを実務で学ぼうとしたら、まずは商品を自分で作らないといけませんよね。

 

でも、アフィリエイトだったら、自分で商品を作るコストを飛ばせます。

 

何もない状態からマーケティングの実務を体験できるのは、凄く大きなメリットだと思います。

 

マーケティングを学ぶと集客できるようになる

 

そして何より、アフィリエイトのスキルは商売のスキルに直結します

 

集客が出来るようになるんです。商売というのは、集客ができると確信した段階で成功していくわけなので、

 

はっきり言ってしまえば、アフィリエイトの実力が高まってくると、プログラマーよりも全然お金を稼げます。

 

なぜなら、プログラマーとして稼げる最大のお金の上限は、企業から貰える月給100万〜120万くらいが限度だからです。

 

コードを書くエンジニアから、プロマネとかに昇格しても、最大で200万くらいが限度でしょう。

 

それも、フルタイムで働いて自分の時間を生贄に捧げる必要があります。

 

でも、アフィリエイトの実力があれば、SEOアフィでも、アドアフィでも、SNS使ってもいいですし、

 

なんでもやり方は無限にあるのですが、マーケティングの力で、自分は働かずに収益基盤を作る事ができます。そして上限金額は無いです。

 

プログラミングで手に職をつけて、マーケティングで無限に稼ぐ

 

私がオススメする経済的な無敵キャリアは、まずはプログラミングを学んで手に職をつけること。

 

技術的な素養を身につけて、ITに強くなること。そして、何があっても絶対に仕事が無くならない職業を持つ事です。

 

昔、落合陽一さんの本を読んでて、以下のような文面を見つけたのですが、

 

日本再興戦略

 

もし自分が好きなのであれば、胸を張って職人になればいいのです。仮に僕が、地方の山奥で焼き物を焼きたくなって職人になって、10年経った後にまた今の仕事に戻ってマネジメントやリサーチの仕事を始めたら、もっとクリエイティブになれると思っています。年収レンジはもとに戻るか、むしろ、以前よりも上がるかもしれません。職人の仕事など、複雑な身体性に関する理解はそれぐらい価値があるのです。

 

『複雑な身体性に関する理解はそれぐらい価値がある』という言葉は、エンジニアとして仕事をしてるので個人的に相当共感できるんですよね。

 

そして、こういうスキルは、アフィリエイトやマーケティングみたいな、抽象度のより高い仕事を体得していく上でも、凄く役に立つ能力です。

 

プログラミングを学んだ後にアフィリエイトをやる

そして、プログラミングを学び、プログラマーとして一定以上の仕事が出来るようになった段階で、あなたは、

 

  • 特殊な才能がなくても高給を取れる人材
  • ITに強くブログやWebやアフィリエイトを学びやすい基礎知識
  • 抽象度の高い難しいことを理解できる頭の良さ

 

これらを持っているわけです。この状態で、是非ともアフィリエイトやマーケティングの学習を開始すると良いです。

 

私は前々から言っていることなのですが、ブログで月1万円稼げたら即戦力人材だと思っているので、

 

自分でブログとアフィリエイトを実践してみて、ある程度ブログのなんたるかを理解できたら、

 

マーケ系の会社に就職してみて、プログラマーからマーケターにジョブチェンジしてみると良いです。

 

仕事を通して、ガンガン両方のスキルを磨いてしまいましょう。以上です。

 

 

 

 

関連記事