「人を騙して何が嬉しいのか」とプログラミングスクールに怒り心頭ツイートがバズってたので考察します。

 

 

たまたま見つけたツイートで、面白いものがあったのでシェアします。それが上記のツイートです。

 

この画像によると、

 

 

エンジニア未経験からでも8ヶ月で年収600万以上を稼げるようになると言っている。

 

 

で、それに対して不満を述べたところ、多くの賛同が集まってTwitterでバズっている。

 

なんで、こういうことになるのかを考えてみたいのだが、

 

ぶっちゃけ、このツイートにもあるように、プログラミング未経験でエンジニア初心者から、

 

僅か8ヶ月で600万円を超える年収を稼げる人は、そんなに多くないと思います。

 

少なくとも、必ず一般的ではない。無理とは言わないし、

 

不可能だとも全然思わないけど、大体数の人は難しいって感じだと思う。

 

それを、あたかも当たり前のように宣伝に出すのはどうかな?と僕も思います。

 

でも、実際のところ、こういう広告が蔓延するのは市場を洞察すると仕方ない部分もあるのは事実w

 

過去にも似たような記事を書いたりしたんだが、

 

【オンラインでのスキル習得がこれから流行る?】1,102人の経験者を対象にした在宅勤務と将来の対策に関する調査結果まとめ!

 

っていう調査によると、

 

新しいスキルを習得できるオンラインスクールに入る場合、ユーザーが最も価値を感じるスクールこそ、

 

「さっさと短期間で習得できる」スクールがが良いと、世間の多くは思っているわけなんですよね。

 

 

だからこそ、短期間で最大の効果が出ると、スクール側もアピールしているわけだ。

 

で、もしも本当に8ヶ月で年収600万を超えるエンジニアになる為には、おそらくフリーランスエンジニアの市場になるのが、

 

凡人としては一番可能性あるかなって思っています。これは個人の経験も踏まえてしまうんだけれども、

 

多分プログラミング歴8ヶ月で会社でプログラミングやれてる人ならば、8ヶ月プログラミングだけを集中すれば、

 

Railsチュートリアルを完了してたり、slackとかのチャットボットくらい作れるようになってたり、PHPでワードプレス開発が出来るくらいまでは、

 

プログラミングのスキルは身についてるかなって思うんですよね。で、その程度では、まだまだ何処の現場でも使えるエンジニアにはなれてないと思うのだが、

 

スキルシートをメチャクチャ磨いて、なんなら詐欺的にデキる風にエンジニアを装って、エージェント経由で仕事を紹介してもらったりすれば、

 

手取り60万くらいの案件だったら、運良く獲得できちゃうかもしれないし、greenとかのエンジニア専門の転職サイトで、

 

手取り50万くらいで就職できちゃうかもしれないわけですよ。

 

つまり、多くの場合、プログラミングで年収を上げるというのは、その人の営業力とかも影響してくるわけなんですよね。

 

だから、最初の方でも、不可能ではないって言い方を僕はしたのですが、プログラミングのスキルが微妙でも、

 

自分の営業力とスキルシートの磨き込みと、面接力を駆使すれば、入った後に色々と怒られるかもしれないが、

 

キャリアアップして年収600万は不可能ではないのかなと思う今日の頃でした。

藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

プログラマー転職プログラミングスクール

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。