プログラミング ホーム

Railsの3つの環境を確認、指定して起動する方法

2018年9月24日

rails consoleと打ち込んでrailsのconsoleを起動すると通常はdevelopmentが起動される。railsにはテスト環境 (test)、開発環境 (development)、そして本番環境 (production) の3つの環境がデフォルトで用意されていて、もしテスト環境のデバッグなど、他の環境でconsoleを実行する必要が生じた場合は、環境をパラメータとしてconsoleスクリプトに渡してください。

$ rails console test

ちなみに、同様にしてRailsサーバーもデフォルトではdevelopmentが使われますが、次のように他の環境を明示的に実行することもできます。

rails server --environment test
Pocket
LinkedIn にシェア

エンジニアにおすすめできる本

Card image cap
リーダブルコード

より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック

Card image cap
Webを支える技術

HTTP,URI,HTML,そしてREST

Card image cap
誰でもPythonで作れる

儲かるAIとソフトウェアの作り方

Card image cap
プログラマが知るべき97のこと

現場で使える実践哲学のマスターピース

Card image cap
情熱プログラマー

時代を超えて。ソフトウェア開発者の幸せな生き方

Card image cap
アジャイルサムライ

プログラミング達人開発者への道

Card image cap
Rubyを作った男 まつもとゆきひろ

コードの世界 スーパー・プログラマになる14の思考法

-プログラミング, ホーム

Copyright© off.tokyo , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.