プログラミング ホーム

Rails 5 + ActionCable 繋いでみる

2018年10月25日

完全に只の備忘録です。

chat_channel.rb

class ChatChannel < ApplicationCable::Channel

def subscribed
# stream_from "some_channel"
stream_from 'chat:message' 
end

def unsubscribed
# Any cleanup needed when channel is unsubscribed
end

def put_message(data)
ChatChannel.broadcast_to('message', data['message'])
end

end

chat.coffee

App.chat = App.cable.subscriptions.create "ChatChannel",
  connected: ->
    # Called when the subscription is ready for use on the server

  disconnected: ->
    # Called when the subscription has been terminated by the server

  received: (data) ->
    # Called when there's incoming data on the websocket for this channel
    console.log(data)

  put_message: (msg) ->
    @perform('put_message', { message: msg })

完成

Pocket
LinkedIn にシェア

エンジニアにおすすめできる本

Card image cap
リーダブルコード

より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック

Card image cap
Webを支える技術

HTTP,URI,HTML,そしてREST

Card image cap
誰でもPythonで作れる

儲かるAIとソフトウェアの作り方

Card image cap
プログラマが知るべき97のこと

現場で使える実践哲学のマスターピース

Card image cap
情熱プログラマー

時代を超えて。ソフトウェア開発者の幸せな生き方

Card image cap
アジャイルサムライ

プログラミング達人開発者への道

Card image cap
Rubyを作った男 まつもとゆきひろ

コードの世界 スーパー・プログラマになる14の思考法

-プログラミング, ホーム

Copyright© off.tokyo , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.