プログラミング ホーム

rails 6でGrapeを動かすチュートリアル - 最小構成を作る

2019年12月16日

 
gem 'grape'

Rails.application.routes.draw do
  mount Api => '/api'
end
class Api < Grape::API
  mount V1::Root
end
module V1
  class Root < Grape::API
    format :json
    #version 'v1'
    version 'v1b'
    get '/' do
      { hello: 'world' }
    end
  end
end
 
 
bundle exec rails s
 

でサーバを起動し、ブラウザでhttp://localhost:3000/api/v1bをみる。
 
{"hello":"world"}
 

参考

https://qiita.com/yuknak/items/be5001dd541c3cbc9157
Pocket
LinkedIn にシェア

  • この記事を書いた人

藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)

りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

-プログラミング, ホーム
-, , ,

Copyright© off.tokyo , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.