React.js で map() を使ってみる

古くなったIT技術にはご注意ください

リストとキー

まず、JavaScriptでリストをどのように変換するかを見てみましょう。以下のコードでは、map()関数を使用して数値の配列をとり、それらの値を2倍にします。 map()によって返された新しい配列を変数doubledに代入してログに記録します

const numbers = [1, 2, 3, 4, 5];
const doubled = numbers.map((number) => number * 2);
console.log(doubled);

このコードは [2,4,6,8,10] をコンソールに記録します。

複数のコンポーネントのレンダリング

✴︎この先はOFF無料会員様のみ読むことが出来ます。無料でOFF会員になって限定記事を余すことなく読みませんか?新規登録はこちらから。既に会員の読者様はこちらからログインをどうぞ。
藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

React