magazine off

モバイルアプリにReact Nativeを選択するべき10の理由

投稿日 : 2021年6月27日(日曜日)

React Nativeは、iOSとAndroid向けのクロスプラットフォームのモバイルアプリ開発のためのフレームワークです。

時間、お金、スタッフのリソースを大幅に節約したいのであれば、React Nativeは理想的なビジネスソリューションです。

この進歩的な技術は、ハイブリッドモバイルアプリ開発の伝統的な方法と現代的な方法を提供します。

数年間の作業で、このフレームワークは、Skype、Instagram、Airbnb、Walmart、SoundCloud Pulse、UberEats、Tesla、Tencent QQ、Baidu Mobileなどの世界的に有名なアプリで使用されました。

なぜそのような人気があるのでしょうか?この記事では、React Nativeが世界のトップテクノロジーに名を連ねるにふさわしい10の理由をご紹介します。そして、この強力なツールが、あなたの製品に使用する価値がある理由を説明します。

 

開発期間を短縮し、コスト削減を実現

 

すべてのCEOが、より少ない労力で最大の利益を得たいと考えていることは周知の事実です。

React Nativeでは、iOSとAndroidの両方のプラットフォームで同じコードを使用してデプロイできます。

ビジネスオーナーは、開発サイクルを短縮し、プロジェクトに参加するチームを拡大することで、

時間とコストを節約できます。品質や生産性を犠牲にすることなく、開発工数を50%近く削減することも可能です。

 

クロスプラットフォームの提供

 

つまり、iOSとAndroidの2つのプラットフォーム用のアプリを一度に手に入れることができるのです。

React Nativeは、Facebookのチームによって作られました。iOS対応は2015年初頭、Android対応は同年秋にリリースされました。

このフレームワークは、モバイルアプリ開発の長所と、Reactのネイティブ環境の俊敏性とパワーを統合しています。

 

ネイティブアプリの開発効率が何倍にもなる

 

React NativeはReactのアイデアをベースにしているため、強力なモバイルアプリを作ることができます。

ネイティブアプリの開発は、効率や生産性が低いと考えられています。

React Nativeは開発サイクルを短縮し、最速で製品を提供することを可能にします。アプリの開発は、ハイブリッド環境に適応し、ネイティブな結果をもたらします。

さらにReact Nativeには、他のネイティブフレームワークにはない「ライブリロード」という機能があります。

これにより、最新のコードの変更点を一度に見ることができます。

つまり、2つの画面を開くと、1つ目にはコードが表示され、2つ目にはコードの結果としてのモバイル画面が表示されます。

 

React Nativeは、クロスプラットフォームのモバイル開発のための主要なフレームワークの一つ

 

React Nativeを使えば、Java、Swift、Objective-Cといった、AndroidとIOSそれぞれに必要なものはありません。

別個に開発者のチームを雇う必要はもうありません。

ネイティブUI要素、ハイブリッドモバイルアプリ開発のデザインパターン、APIに精通したJavascript開発者がいれば十分です。

React Nativeは、開発者の巨大なコミュニティによる強力なサポートと絶え間ないプロモーションがあります。

問題が発生した場合、JSやネイティブの愛好家が迅速な解決を支援するとともに、独自の開発スキルや必要な機器を共有することができます。

 

UIを重視し、ネイティブAPIにすぐにアクセスできる

 

React Nativeは、モバイルUIの構築に特化しており、他のフレームワークと比較しても遜色ありません。

そのため、React Nativeはフレームワークというよりも、JavaScriptのライブラリのように見えます。

構築されたモバイルアプリはスムーズで、従来のハイブリッドアプリよりもはるかに速く読み込まれます。

JavaScriptがネイティブ環境と非同期的に相互作用するため、UIは流動的で反応性が高いです。

 

iOSとAndroidのシングルコードベース

 

1つのコードベースを複数のモバイルOSに展開することを意味します。

コンポーネントは、既存のコードにいつでもどのレベルでも再利用可能で、ユーザーがコードを書き直したりアプリを再コンパイルする必要はありません。

このフレームワークは、他のプラットフォームとの互換性を保つためにオープンソースとなっており、開発者のコミュニティ全体で利用できます。

同等の言語でネイティブモジュールを書き、それを簡単な方法でReact Nativeのコードベースにリンクすることができます。

今のところReact Nativeのライブラリではサポートされていない機能を開発する場合に必要となります。

 

どんなWebプロジェクトでも、簡単にモバイル対応に変えることが出来る

 

React Nativeでは、コードを再利用できます。1回のアップデートで2つのプラットフォームに対応できます。

コードベース間のバグの検出が非常に簡単になります。

React Nativeのインターフェイスはモジュール化されており、直感的に操作できます。

つまり、プロジェクトに参加していない開発者でも、簡単に理解し、基本とすることができます。

チームの柔軟性が高まり、Webアプリのアップデートが容易になります。

QAエンジニアは、プログラミングロジックを掘り下げたり、関連するテストケースを書いたりする時間を減らすことができます。

このようにして、ウェブプロジェクトをモバイル向けの意思決定に変えるための時間を節約することができます。

 

 アプリがネイティブアプリのように動作する

 

React Nativeのビルディングブロックは、再利用可能なネイティブコンポーネントであり、ネイティブプラットフォームにコンパイルされます。

そのため、WebViewシステムのコンポーネントを使用する必要はありません。iOSやAndroidプラットフォームで使用されているネイティブコンポーネントはReactと同等です。

その結果、アプリは見た目やスピードだけでなく、適切な機能を備えたネイティブアプリとして動作します。

React Nativeのアーキテクチャは、モバイルガジェットの要求に大きく適応しており、モバイル環境に強い性能を持っています。

ネイティブプラットフォームが中央処理装置を多用するのに対し、React Nativeはグラフィック処理装置を使用します。

他のハイブリッドフレームワークやテクノロジーと比較して、React Nativeはアプリを超高速に開発し、よりアジャイルにすることができます。

 

サードパーティープラグインとの互換性、よりスムーズな動作、必要なメモリの削減

 

サードパーティープラグインを使えば、特定のWebView関数は必要ありません。

フレームワークを介して、プラグインとネイティブモジュールを連携させることが可能です。

これらの処理をアプリの機能と連携させることで、スムーズな動作、高速な読み込み、少ないメモリでの利用が可能になります。

 

React Nativeは数年後も消滅しない

 

React Nativeは開発者に広く採用されています。それは、数年後に消えてしまう可能性のある技術に、みんなが時間と努力を無駄にしないからです。

このフレームワークはまだ新しいにもかかわらず、成熟し続け、ポジションを強化しています。

その証拠に、Facebookチームは長期的な計画を立てており、その成長のためにさらに多くの投資を行っています。

Categories

Recent Posts

会員登録機能を作りたいぞ!

    こんにちわ。会員登録機能を作りたいと思っています。作…

投稿日 : 2017年6月9日(金曜日)

ReactとTypeScriptでuseContextとuseReducerを使う方法

    こんにちわ!   本日の記事では、useCon…

投稿日 : 2021年4月12日(月曜日)

時計の針を回転させて今何時か知る Swift

  環境 Swift Swift3.0 Xcode …

投稿日 : 2017年8月28日(月曜日)

Swift3でカスタムクラスを使って画面遷移

    説明 画面遷移の為のカスタムクラスを作ってみました。引…

投稿日 : 2017年5月15日(月曜日)