外国で生活しながらフルリモートで働ける!レバテックに登録すべき理由

当方、現在ドイツ在住なのですが、ドイツで生活しながら日本の会社の案件を回して稼いでいます。

 

昨今の日本のエンジニアの方の多くは、外国で生活しながら働きたいと思う方は結構多いはず。

 

英語圏の国ならば、エンジニアとして現地就職もやりやすいと思うけど、英語が通じない国の場合は、

 

第三外国語として、新たに覚えなければいけません。それは結構なハードルですよね。

 

英語ネイティブな環境で働くのですら、そこそこのハードルがあるのに、英語以外の外国語を習得して、

 

現地の働くのはかなり無理ゲーかと思います。少なくとも誰にとっても簡単じゃない。

 

そうなれば、日本の会社から案件をもらって、フルリモートで海外で生活するのが一番安定するんじゃないの?

 

って思うわけです。思いますよね?

 

ただし、フルリモートの案件で、かつ時差の影響も考えてフレックスでの勤務を望むと、

 

エンジニアと言えど簡単ではない。普通の一般企業に正社員として入社する場合は、

 

一度入ってしまえば簡単にはクビにならないが、その分企業は慎重に人を選びます。

 

だから、時間がかかる。

 

だけれども、レバテックのフリーランスエージェントを活用したら、マジで一瞬で案件が決まった。

 

 

ドイツから参画Okで、フレックスで時差も考慮してくれる会社さんです。

 

自分でも、こんなにも簡単に案件が決まるとは思っていませんでした。単価は手取り70万円です。

 

外国に暮らしてても、お金が回る目処がつけば、かなり安心して外国で生活ができますよね。

 

だから、外国に住みながらフルリモートで働きたいと思ってる方はレバテックに登録して相談するべきだし、

 

今現在、外国で生活してて現地で仕事が見つからず辛いと思ってる人も、レバテックに登録すると、

 

外国に住みながらでも働ける仕事が結構簡単に見つかるので、おすすめですよ。

 

相談ベースでも構わないので、外国に住みながら働ける案件がどのくらいの数あるのか?を確認するためにも、

 

是非登録してみてください。必ず、プログラミング系の人材が海外生活するとき、助けになりますんで。

藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

Freelance Engineer

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。