ITニュース エンタメ

人工知能チャットボット「rinna」と、日本の「UneQ」を開発したデジタルヒューマンが共同で、顔、声、AV機能を持つチャットAIを開発

0
0

 

 

 

5月31日、rinnaとデジタルヒューマンは、rinnaのAIチャットエンジン「free-chat」と、デジタルヒューマンのAIアバター(顔や声で感情を表現する)を連携させ、感情をつないだデジタルコミュニケーションを実現するAIペルソナを共同開発することを発表しました。

今回の協業により、デジタルヒューマンのAIアバター「Digital Human」は、rinna社のAIチャットボット開発プラットフォーム製品「Rinna Character Platform」のユーザーインターフェースとして利用できるようになりました。自由に話すことができ、顔や表情、声、視力、聴力を持つAIキャラクターを開発できるとしている。

また、両社は共同で、「りんなペルソナプラットフォーム」と「デジタルヒューマン」を組み合わせたAIペルソナを開発し、自社のタスク型チャットボット製品に組み込んで顧客に販売していく予定です。また、両社はAIのペルソナを企画するためのパートナーを共同で開発していきます。

人工知能チャットボット「りんな」と、日本で「UneeQ」を運営するデジタルヒューマンが共同で、顔・声・AV機能を持つAIチャットボットを開発しています。

rinnaは、マイクロソフトの人工知能・研究部門でAIチャットボットに取り組んでいたチームがスピンオフして、2020年6月に設立された人工知能開発会社です。りんなはディープラーニング技術を用いて、人間との自然な会話のためにAIが文脈に応じた会話文を自動生成する「共感チャットモデル」や、AIが話し言葉や歌い言葉で豊かな感情を表現する「音声合成システム」などの技術を公開しています。これらの最新技術は、会話内容や音声表現をカスタマイズすることで、個性を持ったAIペルソナを開発する企業顧客向けのプラットフォーム製品「Rinna Persona Platform」に採用されています。

AIチャットボット「りんな」と、日本で「UneeQ」を運営するデジタルヒューマンが共同で、顔・声・AV機能を持つAIチャットボットを開発しました。
新バージョン "Rinna Personality Platform "の概要

デジタルヒューマンは、UneeQ社が開発したリアルAIアバター「Digital Human」の販売代理店であり、UneeQ社に代わって日本での事業を展開しています。デジタルヒューマンは、顔の表情、声のイントネーション、唇の動き(台詞と同期)、頭の動き、体の動き、微小な目の動き(眼球運動)など、台詞の内容に応じて変化するアニメーション音声イメージをリアルタイムに生成します。

日本語に対応した音声認識機能を搭載しており、新機能として、グループでの会話の中で適切な相手に個別に対応するための話者認識機能のリリースを予定しているほか、コンピュータビジョンAPIを利用した相手の個人認識、センチメント分析、年齢・性別分析、相手が持っている物(医薬品のパッケージなど)の認識などを行うことができます。

 

 

Pocket
LinkedIn にシェア

りょすけ
毎月3万人以上のプログラマーが訪れるoff.tokyoで、プログラマーさん向けのアンケートを実施しています、アンケートに無料回答すると、他の人の投票も見ることが出来ます!

学びたいプログラミング言語は何ですか?

 vaaaval@gmail.com



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)

りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

-ITニュース, エンタメ

Copyright© off.tokyo , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.