ホーム

【失敗談】海外就職の最大リスクについて | カナダ移住経験者が語る

2020年7月10日

0
0

私は、一年くらいプログラマーとして、カナダに住んでたんですけど、そのときに痛感したことについて書きます。

 

まあ、あくまでも俺の経験でしかないんで、特に参考にならないかもだけど。

 

これから、初めて海外就職して、海外移住しようと考えてる人に向けて書こうと思う。

 

 

(もし少しでも有益性を感じたら、頭の片隅に置いておいて欲しい)

 

早速、本題入ります。

 

僕がカナダに移住して、実際に感じた海外移住のリスクは以下の二つだと思った。

 

・病気になる

・日本に帰りたくなる

 

これww

 

『そんなことかよ!』って思った人はすみません。

 

でも、僕にとっては、ここら辺を考えずに渡航したのが一番の想定外のミスだった。

 

仕事もどうにかなる!金もどうにかなる!言語もどうにかなる!

 

でも、人間は、肉体的にも精神的にも病んだときは、マジで勝てねえんだなって思った。

 

病気になって肉体が弱っても帰ることになるし、メンタルが死んで心が弱っても帰ることになる。

 

だから、みんな、自分の体調管理、メンタル管理をマジで気をつけること。

 

俺は当時、まだ20歳だったし、めっちゃ尖ってたから、上記のようなことを気にしなかった。

 

保険も取らなかったし、現地の医療システムのことも調べなかったし、心が死んだときのメンタル管理方も知らなかったし、片道切符でカナダへ行きました。

 

これは今考えると本当によくないよね。

 

例えば、カナダで保険に入らず病院へ行くと、どのくらい金がかかるか知っているか!?

 

俺は何回かカナダで病院へ行きました。

 

当時、なんか呼吸が苦しいぞって思って、そこらへんの病院へ入って、「保険ないんだけど見てもらうのにいくらすんの?」って聞いたら、100万くらいかかるとか言われた。

 

それはヤバイwって思って、ちょっと調べて別な病院行って、普通に内科で診療してもらって、レントゲンとか、CTとかをやってもらったんだけど、五万くらいかかった。

 

カナダの医者は、日本人のように全然親切じゃないし、優しくないから、不安が募りまくるし、ビルを跨いで違う科へ行かなきゃいけなかったりする。

 

それで、そういう状況になってみると、自分ってかなりストレスに弱いんだって気が付いたwwww

 

海外に移住するっていうのは、人によって様々なゴールがあると思う。

 

人によっては、立ちはだかる壁の種類も違うと思う。唯、大切なのは、何が自分の足を止めさせる悪魔になるかというのを常にしっかり考えること。敵は必ず現れる。そして、それらに想定せずに突然立ち向かうとめちゃくちゃ苦しくなる。

 

目的を達成するためには、唯ひたすらガムシャラにやるのではなく、

 

自分の弱みとしっかり向き合い、リスクや困難をどう立ち回るかが大切だ。

 

想定できるあらゆるリスクを頭の中に入れておくだけで、意思決定も間違わずにできます。

 

ちなみに、結局、俺は現地企業からのビザのオファーを断って帰りました。

 

今考えれば、痛恨の極み。

 

最初は、カナダに移民しようと思って行ったわけですからね、明らかな失敗。

 

以上、実体験からお送りしました。

 

海外移住系の関連記事

 

カナダで食べるマリファナでハイになった話【元北米移住エンジニアが語る】

外国に一年くらい住むと英語はどのくらい上達するのか実験した結果...

自分は猛烈に甘かった。プログラマがカナダで職探し

Pocket
LinkedIn にシェア

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)

りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

-ホーム
-,

Copyright© off.tokyo , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.