ロシア語版ウィキペディアのトップエディターが逮捕される

ベラルーシの通信社Zerkaloは、「ロシア語版Wikipediaのトップエディターがベラルーシ当局に逮捕された」と報じました。

逮捕された編集者は、ロシアの新しい「フェイクニュース法」に違反した疑いがあるとの疑いがかけられています。

今回、フェイクニュース法違反で新たに逮捕されたのは、ロシア語版Wikipediaの著名な編集者として知られるマーク・バーンスタイン氏。

彼はロシア語版Wikipediaのトップ50の編集者の1人で、ローカルルールに違反する発言をパトロールするなど、その貢献度でも知られていた。

報道によると、バーンスタイン氏は、ロシアの新しい「フェイクニュース法」に違反したとして、ベラルーシの組織犯罪対策当局GUBOPikに逮捕されました。

GUBOPikは、バーンスタイン氏の写真、ソーシャルメディアのID、勤務先や Wikipediaで使用していた編集者IDなどの個人情報に加え、

バーンスタイン氏の逮捕時の動画も公式テレグラムチャンネルで公開、写真には「偽の反露情報を流した」との一文を載せていたそうです。

バーンスタイン氏は、今後15年の禁固刑になる可能性もあるとのこと。

 

RSS714
Twitter294
Pinterest450
LinkedIn94
Share
Instagram119
藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

ITニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。