ロシアGDP成長率、今年はマイナス15%に

国際金融研究所(IIF)は、2022年のロシアの国内総生産(GDP)成長率見通しをプラス3%からマイナス15%の18%にすると発表した。

ウクライナ侵攻に伴う厳しい制裁措置が原因だという。

ノートでは、「戦争のさらなる激化により、ロシアのエネルギーのボイコットが拡大し、ロシアの財やサービスの輸入能力が著しく低下し、不況が深まる可能性がある」と指摘した。

世界金融危機時の2倍に当たるマイナス成長が予想される。

RSS714
Twitter294
Pinterest450
LinkedIn94
Share
Instagram119
藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

経済ニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。