中国、量子コンピュータの研究に一兆円規模の投資するも前途多難・・・

 

最近見たニュースで、中国の量子コンピューターの投資規模、ハンパじゃなくなっているというニュースを見た。

 

どうやら、この規模は米国の10倍以上であるとのこと。

 

数年前から、カナダのベンチャーが量子コンピューターの商用化に成功?!したとかなんとか、ニュースになったり、

 

色々と話題ですが、投資規模や話題だけ大きくなって、まだまだキャズムの谷と言いますか、微妙な感じが否めない。

 

 

実際に、量子コンピューターでベンチャーやってるMinatoさんも、

 

はっきり言って、量子コンピュータの実現は人類には壮大すぎるテーマ。ここ数年行けるんじゃないかという甘い風潮は完全に崩された。火星に人類が住んだり、核融合が実現されるのが先になるんじゃないかというレベルで気を引き締めて取り掛かるべき事柄。軽々しい商用化なんておこがましかった。

 

と明言している。どうなんですかね。少なくとも、日本勢が、こういう研究費用を中国みたいに莫大かけ続けるのは、

 

今は無理なんでしょうね・・・

藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

中国量子コンピュータ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。