SaaS クラウド

SaaS(Software as a service)とは?クラウドの基礎を分かりやすく解説

 

昨今、クラウド技術の進歩により、わざわざ自分のパソコンにソフトウェアをインストールしなくても、

 

ブラウザがあれば利用可能なソフトウェアが増えてきました。

 

このように、ブラウザを通してインターネット上で使えるソフトウェアを、クラウドと呼んだりするわけですが、

 

このクラウドを用いて提供されているソフトウェアのアプリケーションを、クラウド用語でSaaS(Software as a Service)といいます。

 

今回のコンテンツでは、このSaaS(Software as a Service)に着目して、普段私たちが実際に使ってるサービスを例に用いて、

 

SaaS(Software as a Service)に関して分かりやすく説明していきます。

 

そもそもクラウドとは?

 

クラウドじゃないアプリとは?

 

まず最初に、そもそもクラウドとは何かをご説明させていただきますと、

 

昔々、まだクラウド技術が発展してなかった頃のソフトウェアサービスというのは、

 

ExcelやOutlookなどのように、ソフトウェアそのものを自分のパソコンにインストールして使ってましたよね。

 

Outlook

メールソフトのOutlookであれば、ソフトウェアを自分のパソコンにインストールして、自分のパソコンでアプリケーションを開いて、

 

立ち上がったアプリケーションを操作して、ソフトウェアを動かすわけです。

 

 

Excel

Excelの場合も同様ですね、社員の給与明細を作ったり、勤務表を管理したり、その他ビジネスの現場で作成される表を作る為には、

 

Microsoftが発売してるExcelを購入して、それを自分のパソコンにインストールして、

 

自分のパソコンでアプリを立ち上げて、アプリを操作してソフトウェアを動かします。

 

 

クラウドのアプリとは?

 

では、クラウド技術が発展した今、アプリケーションはどのようにクラウドで提供されているのでしょうか?

 

今例として取り上げたExcelやOutlookと全く同じことが出来るクラウドのサービスがあります。

 

それは、GmailとGoogleスプレッドシートです。

 

Googleスプレッドシート

 

 

例えば、Googleスプレッドシートは、画像を見てもらえればわかるように、Excelと全く同じことが、ブラウザで実現できます。

 

ブラウザというのは、皆さんがスマホやパソコンでGoogle Chromeや、Safariや、Firefoxなどを使われていると思いますが、それです。

 

クラウド以前の技術であれば、わざわざ自分のパソコンにインストールしなければ出来なかったことが、検索からサイトに行くだけで同じことが出来るわけです。

 

 

Gmail

 

 

Gメールも同様に、今まではメールソフトを自分のパソコンにインストールして、そこから誰かにメールを書かなければいけなかったわけですが、

 

クラウド技術の発展により、ブラウザで検索すれば、ブラウザ簡潔でメール送信が行えるようになります。

 

 

つまり、クラウド技術というのは、要約すればブラウザの向こう側にあるソフトウェアを、我々が簡単に使うことが出来るということです。

 

SaaSとは何か?

では、ここまで理解できればSaaSを理解できたようなものですよね。

 

SaaSっていうのは、インターネット経由でソフトウェアを提供してるサービスのことです。

 

GメールはSaaSのサービスですし、GoogleスプレッドシートもSaaSのサービスです。

 

そして、私たちはSaaSのサービスを使っているという風に解釈できます。

Pocket
LinkedIn にシェア

クラウド入門者へおすすめ動画&書籍おすすめ!

  • この記事を書いた人

藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)

りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

-SaaS, クラウド

Copyright© off.tokyo , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.