投稿者 : 藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa) りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

若手の新卒エンジニアでも、フリーランスエージェントに登録した方がいい理由

更新日 :

若手の新卒エンジニアでも、フリーランスエージェントに登録した方がいい理由

 

皆さんこんにちわ、りょすけです。

 

この記事の読者は『新卒で』『正社員』のエンジニアさんを想定しています。

 

しかし、今、企業でお勤めされてるエンジニアの方であれば、

 

全員に価値を提供できる記事だと自負しています。

 

なので、よければ目を通してもらえたら有り難いです。

 

フリーランスエンジニアの方が、実は将来に対するリスクが少ない

 

よく、エンジニアに限らず、

 

フリーランサーに対する印象として、

 

収入が不安定、将来も不安定、未来が心配…

 

なんて声が聞こえてきます。

 

しかし、本当にそうでしょうか?

 

よく考えてみてください。

 

例え正社員エンジニアだったとしても、僕は将来に安心なんかできません。

 

今後、世の中がどう変化していくかを考えてみれば

 

[st-mybox title=”将来の仕事” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#757575″ bordercolor=”#BDBDBD” bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

・年功序列はなくなっていく

・終身雇用は崩壊していく

・資本主義が加速しますます実力主義へ

・退職金などありゃしない

・年金なんかに期待できない

[/st-mybox]

 

つまり、正社員だろうがフリーランサーだろうが何の保証もねえってことです。

 

将来、今の若者は、かなり厳しい世界で戦っていかないといけないんです。

 

ITエンジニアは、職業としては食いっぱぐれる心配が少ない仕事ですが、

 

だからと言って、安心しては絶対ダメです。

 

エンジニアも時代遅れになれば食いっぱぐれます

 

私は断言できるのですが、

 

いくらソフトウェアのエンジニアだとしても、時代遅れになれば稼げなくなります。

 

論理的に、理由は説明できます。

 

例えば、

 

あなたがベンチャー企業の創業者だとしましょう。

 

で、あなたはVCから巨大な資本を調達してるのでお金があります。

 

じゃあ、あなたプログラマーを雇うことにしました。

 

それで、webサービスを開発するつもりです。

 

どちらのエンジニアを雇いますか?

 

[st-mybox title=”ポイント” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#757575″ bordercolor=”#BDBDBD” bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

Java

React

[/st-mybox]

 

流石にJavaのエンジニアは雇わないよね。

 

簡単な話しで、

 

お金を稼ぎたければ、お金を持っている人から好かれればいいんです。

 

古い技術よりも、新しい技術でユーザーにとって高品質な技術にお金は投資されますので、

 

古い技術は廃れ、お金を出す人が減り、貧しくなっていきます。

 

だから、エンジニアも時代遅れになれば食いっぱぐれるのです。

ずっと同じことだけ人間やってると、新しいことをやる気も起こせなくなってしまいます。これは、致命的な悲惨な事故です。人間は、常に変わり続けられる環境へ自分の身を置かなければいけない。

 

パソコンが使えれば、情報なんていくらでも調べられますが、

 

パソコンっていうのは、検索しないと何も返してくれません。

 

例え話をしましょう。

 

とあるエンジニアZ君が、業界の中堅企業A社に若くして入社し、

 

会社のドル箱ソフトのバグを潰すために、PHPとか、Javaとかの教育を受けて、良いエンジニアになったとします。

 

その間、時代はどんどん進化して、Reactや、Goや、Pythonなど高級で新しい言語がバンバン出てきます。

 

そんな情報は、もちろんSNSやネットニュースでZ君は知っていましたが、

 

日々の業務に追われ、せせこせせこと既存ソースの改修を行っていきました。

 

数十年後、いよいよ会社でZ君が携わっていた案件が終了となり、Z君は新しい案件に携わることになります。

 

しかし、これまで古い技術のみ一生懸命勉強してきたZ君は、新しい技術に対する抵抗が強くやる気もおきません。

 

結局、Z君は新しい技術を学ぶことなく、転職することになっても、仕事はあるけど、あまり良いオファーもなく、低空飛行のままエンジニア人生を終えます。

 

これは、フィクションですがフィクションではありません。

 

ずっと同じことだけ人間やってると、新しいことをやる気も起こせなくなってしまいます。これは、致命的な悲惨な事故です。人間は、常に変わり続けられる環境へ自分の身を置かなければいけない。

 

フリーランスエージェントに登録しておくと『今市場で誰が求められてるのか』あっちから新鮮な情報が流れてきます

フリーランスエージェントと、フリーランスエンジニアは、

 

謂わば、WinWInな関係です。

 

フリーランスエージェントは、高額な単価で仕事をとってくるのが仕事、エンジニアは、高額な単価でタスクを全うするのが仕事です。

 

フリーランスエージェントは、エンジニアに様々な提案を持ちかけてくれます。

 

自分が儲かるためです。でも、エンジニアも儲からせてくれます。

 

ビジネススキルがないエンジニアは、こういった機会を与えてくれるエージェントさんには感謝するべき。

 

ビジネスマンとして、ずっとエージェントさんに頼り続けるのはよくないが、ビジネスマンへの第一歩として、エージェントさんのお世話になるのは超いいキッカケです。

 

別に、フリーランスエージェントに登録してすぐ会社辞めなくていいよ。

 

登録してしばらくしたら、あっちから電話かかってきて、『今こんな案件あるんですよ、こんな案件が稼げるんですよ』って勝手に教えてくれるので、

 

『そうなんですか〜』って聴きながら、挑戦したくなったらすればいい。

 

それで、

 

『じゃあ、俺は来年、キャリアアップするために、今この言語勉強しておくか』ってモチベーションにもなります。

 

機会やモチベーションはあっちから歩いてこない。

 

自分で、その導線を設計しておいてください。

 

ハングリー精神で常に若々しく、勇敢に生きる

 

何度も言いますが、

 

資本主義の加速は止まらないし、資本主義である限り、実力社会は加速していきます。

 

資本主義に唯一介入できるのは政府ですが、その政府が金儲けのために金持ち優遇しますwww

 

なので、結局強くないと食われます。

 

フリーランスという生き方は、今は厳しい生き方のように見えますが、

 

将来はそれがスタンダードになります。

 

てか、欧米北米は転職、リストラ、契約、当たり前です。

 

おんぶにだっこでもらう立場なんて何様なんだ貴様?となります。

 

若いうちからフリーランスになっておくことで、

 

[st-mybox title=”ポイント” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#757575″ bordercolor=”#BDBDBD” bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

・美味しい案件の見分け方、

・お客さんと時間の生み出し方、

・楽に金を稼ぐ術、知恵

『よい』『加減』なサボり方

[/st-mybox]

 

人生の攻略法が見えてきます。

 

是非、勇気を振り絞ってフリーランスエージェントに登録してみてください。

 

参考 : 【2020年版】フリー ランスエージェントおすすめ完全版!【初心者OK】

 

*フリーランスおすすめ本のご紹介

[itemlink post_id=”9645″]

世界一やさしい フリーランスの教科書 1年生

[itemlink post_id=”9707″]

NEWフリーランスの稼ぎ方

フリーランスになりたい人のための教科書:コネなし、スキルなし、オカネなしからフリーランスを目指す方法: 【副業】【在宅ワーク】【転職】を考えている人へ

[itemlink post_id=”9708″]

金持ちフリーランス 貧乏サラリーマン



関連記事