Solidity

Solidity ってどう書くの?関数や変数の定義の仕方を解説

Solidity(ソリディティ)はブロックチェーン開発ではかなり頻繁に使われてる言語で、

 

イーサリアムでも採用されております。

 

今回の記事では、Solidity を使った開発方法で、関数や変数の定義の仕方を色々と解説してみたいと思います。

 

ちなみに今回の記事は、公式ドキュメントのLayout of a Solidity Source Fileを参照にしてますので、

 

興味のある人は本家のサイトでも勉強してみてください。

 

 

Solidityのコントラクトは、オブジェクト指向言語のクラスに似ています。

 

各コントラクトは、ステート変数、関数、関数修飾子、イベント、構造体タイプ、Enumタイプの宣言を含むことができます。

 

さらに、コントラクトは他のコントラクトを継承することができます。

 

また、ライブラリやインターフェースと呼ばれる特別な種類のコントラクトもあります。

 

ステート変数

 

ステート変数とは、コントラクトストレージに値が永続的に保存される変数です。

 

// SPDX-License-Identifier: GPL-3.0
pragma solidity >=0.4.0 <0.8.0;

contract SimpleStorage {
    uint storedData; // State variable
    // ...
}

 

関数

関数は、実行可能なコードの単位です。関数は通常、コントラクト内で定義されますが、

 

コントラクト外で定義することもできます。

 

// SPDX-License-Identifier: GPL-3.0
pragma solidity >0.7.0 <0.8.0;

contract SimpleAuction {
    function bid() public payable { // Function
        // ...
    }
}

// Helper function defined outside of a contract
function helper(uint x) pure returns (uint) {
    return x * 2;
}

 

関数の呼び出しは、内部または外部で発生し、

 

他のコントラクトに対する可視性のレベルが異なります。

 

関数はパラメータを受け取り、

 

それらの間でパラメータや値を渡すための変数を返します。

 

関数修飾子

関数修飾子を使うと、関数のセマンティクスを宣言的に変更することができます」

 

オーバーロード、つまり、同じ修飾子名を異なるパラメータで使用することはできません。

 

関数と同様、修飾子はオーバーライドすることができます。

 

// SPDX-License-Identifier: GPL-3.0
pragma solidity >=0.4.22 <0.8.0;

contract Purchase {
    address public seller;

    modifier onlySeller() { // Modifier
        require(
            msg.sender == seller,
            "Only seller can call this."
        );
        _;
    }

    function abort() public view onlySeller { // Modifier usage
        // ...
    }
}

 

イベント

 

イベントは、EVMのログ機能との便利なインターフェースです。

 

 

// SPDX-License-Identifier: GPL-3.0
pragma solidity >=0.4.21 <0.8.0;

contract SimpleAuction {
    event HighestBidIncreased(address bidder, uint amount); // Event

    function bid() public payable {
        // ...
        emit HighestBidIncreased(msg.sender, msg.value); // Triggering event
    }
}

 

 

イベントがどのように宣言され、dapp内でどのように使用されるかについては、公式ドキュメントの、コントラクトセクションの「イベント」を参照してください。

 

ストラクチャタイプ

ストラクチャは、複数の変数をグループ化できるカスタム定義のタイプです(「タイプ」の「ストラクチャ」を参照)。

 

// SPDX-License-Identifier: GPL-3.0
pragma solidity >=0.4.0 <0.8.0;

contract Ballot {
    struct Voter { // Struct
        uint weight;
        bool voted;
        address delegate;
        uint vote;
    }
}

 

列挙型

Enum を使用すると、有限の「定数値」を持つカスタムタイプを作成することができます

 

// SPDX-License-Identifier: GPL-3.0
pragma solidity >=0.4.0 <0.8.0;

contract Purchase {
    enum State { Created, Locked, Inactive } // Enum
}

 

 

Pocket
LinkedIn にシェア

  • この記事を書いた人

藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)

りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

-Solidity

Copyright© off.tokyo , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.