ソニーとホンダがEVを共同開発を発表

3月4日、ソニーグループと本田技研工業は、モビリティ分野における戦略的提携について基本合意したと発表しました。合弁会社を設立し、EVの共同開発・販売、モビリティのサービス提供とともに商品化を行う。新会社は2022年末の設立を目指す。

本提携により、ホンダが長年培ってきたモビリティ開発、車体製造技術、アフターサービス運営などの経験と、ソニーが培ってきた映像・センシング、通信、ネットワーク、各種エンターテインメント技術などの開発・運営経験を結集し、ユーザーや環境に応じて進化し続けるEVを実現する。新しい時代のモビリティとサービスを実現するとのこと。

新会社は、EV車の企画・設計・開発・販売を行う予定ですが、製造設備は持たず、初期モデルの生産はホンダの車両製造工場が担当する予定です。また、モビリティのサービスプラットフォームは、ソニーが開発し、新会社に提供する予定。

ソニーグループの吉田憲一郎会長兼社長兼CEOは、「ソニーの目的である『モビリティ空間を感動空間に、創造と技術の力で、世界を感動で満たします。』というビジョンのもと、自動車産業において世界的な実績と知見を持ち、常に先進的な取り組みを行っているHondaとのパートナーシップにより、安全・エンターテイメント・適応性の3つの領域を軸にモビリティの進化に貢献していきたいと考えています」とコメントしています。

RSS714
Twitter294
Pinterest450
LinkedIn94
Share
Instagram119
藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

ITニュースホーム

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。