Studly caps(スタッズリーキャップ)とは?現役プログラマーが解説

StudlyCapsとは、文字の大文字と小文字が何らかのパターンで、あるいは任意に変化するテキスト表記法のことで、

通常は単語間のスペースも省略され、一部の文字が省略されることも多いです。

このようなパターンは、多くのユーザーによって、曖昧なまま、キャメルケースとして認識されています。

典型的な代替案は、スペースをアンダースコアに置き換えることです。

例:”tHeqUicKBrOWnFoXJUmpsoVeRThElAzydOG”

大文字と小文字が混在していますが、大文字の使用には意味的にも構文的にも意味はありません。

母音だけが大文字の場合もあれば、大文字と小文字が交互に使われる場合もありますが、単にランダムな場合も多いです。

名前の由来は、書き手が自分のかっこよさを伝えようとして使った皮肉や皮肉な意味合いからきています。

また、技術的な要求がないにもかかわらず、コンピュータ・ソフトウェア・パッケージのネーミングにおいて、

マーケティング担当者が標準的な英語の大文字・小文字の規則に違反することを揶揄する意味でも使われている。

例えば、Sun Microsystems社がウィンドウシステムをNeWSと命名したことなどが挙げられます。

RSS714
Twitter294
Pinterest450
LinkedIn94
Share
Instagram119
藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

ホーム

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。