サイバーエージェントが本気出し始めた。メタバース関連新会社を設立、NFTや暗号資産をフル活用

 

サイバーエージェントは、2月25日、メタバース関連の新会社「サイバーメタルバース・プロダクションズ」の設立を発表した。

新会社「サイバーメタバースプロダクションズ」は、リアル店舗やEコマースとは異なる新たな販売チャネルとしてメタバース空間にバーチャル店舗を開設し、NFTによるデジタルコンテンツの制作から独自のクリプトアセット(仮想通貨)の発行支援まで対応できるシステムを構築していくとのこと。

サイバーエージェントグループのAI・3DCG技術や、小売業などのDX支援の実績を活かし、小売業やアパレルなどのブランド企業がバーチャルショップで新たな収益源を生み出したい模様、

同社のサービスを利用することで、リアル店舗のような写実的なクオリティのバーチャル店舗から、アニメ風のキャラクターデザインまで、企業のブランディングに合わせたメタバース型の店舗空間を構築することが可能になる。

また、バーチャルショップの店主アバターに対する接客サービスも行う予定で、社員による遠隔接客や、対話技術を用いたAI接客アバターの派遣など、様々な形でメタバースにおける接客を提供されるとのこと。

ショップ店員のアバターは、リアルなCGモデルとして作成することができ、実在の人物よりも違和感がなく、サイバーエージェントは、デジタルツインレーベルの提供実績とデジタルヒューマン研究所が研究開発した技術を活かし、メタバース体験の向上を目指している。

 

RSS714
Twitter294
Pinterest450
LinkedIn94
Share
Instagram119
藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

ITニュースweb3

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。