Swift 4.0 を Ubuntu 16.04 に入れる方法

注意

Ubuntuのバージョンを正確に把握してください

 

ステップ1 – 前提条件

Swift4をubuntuにインストールするために依存関係をインストールします。

sudo apt-get install clang libicu-dev

新しいUbuntu 16.04のインストールでは、適切にSwiftyに動作するために、以下のパッケージをインストールする必要があります

sudo apt-get install libcurl3 libpython2.7 libpython2.7-dev

ステップ2 – Swiftをダウンロードしてインストールする

まず、SwiftなGPGキーをインポートして、システム上のパッケージを検証します。

wget -q -O - https://swift.org/keys/all-keys.asc | sudo gpg --import -

公式サイトから入手可能な最新のSwiftのリリースをダウンロードしてください。 以下のコマンドを使用して、Ubuntu 16.04システムでSwift 4.0.3をダウンロードすることができます。

$wget https://swift.org/builds/swift-4.0.3-release/ubuntu1604/swift-4.0.3-RELEASE/swift-4.0.3-RELEASE-ubuntu16.04.tar.gz
$sudo tar xzf swift-4.0.3-RELEASE-ubuntu16.04.tar.gz
$mv swift-4.0.3-RELEASE-ubuntu16.04 /usr/share/swift

SwiftシステムのPATH環境変数に設定します。

$echo "export PATH=/usr/share/swift/usr/bin:$PATH" >> ~/.bashrc
$source  ~/.bashrc

ステップ3 – スウィフトバージョンを確認する

$swift --version

Swift version 4.0.3 (swift-4.0.3-RELEASE)
Target: x86_64-unknown-linux-gnu

Swift4を試す

$ swift
Welcome to Swift version 4.0.3 (swift-4.0.3-RELEASE). Type :help for assistance.
  1>  

参考

https://tecadmin.net/install-swift-on-ubuntu/

藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

ホーム