ホーム

Swift3でUIViewを拡大縮小させる方法

 

animateWithDurationを使うとビュイーン!とアニメーションできます

//ボタンアクション
@IBAction func btnUp(sender: AnyObject) {

//変数で使いたければCGRectの引数へどうぞ
 let xPosition = DynView.frame.origin.x
 let yPosition = DynView.frame.origin.y - 20
 let height = DynView.frame.size.height
 let width = DynView.frame.size.width

//アニメーション処理
 UIView.animateWithDuration(1.0, animations: {

  //拡大縮小の処理
  dynView.frame = CGRect(x:10, y:10, width:10, height:10)

 })
}

参考

UIView changing its position in swift

Pocket
LinkedIn にシェア

ご報告

off.tokyoは法人化しました、Web/Mobile コンサルティングのご相談なら、bid companyへお問い合わせください :)

ご提供 sponsor
 

Meee!(ミー)は、ビジネスからプライベート利用まで、個人のスキルを気軽に売り買いできるスキルマーケットです。カテゴリや居住地から、検索することが可能です。

 

ランゲージエクスチェンジは、ネイティブスピーカーと気軽にマッチングできる言語交換プラットフォームです。あなたの地元に住む外国人を探したり、留学や海外移住の前に、現地のネイティブスピーカーと繋がることもできます!

宣伝
 

りょすけトークchは、仕事や私生活をより豊にするYouTubeチャンネルです。文献(本、映画、論文)から役に立つ情報をまとめ、生涯にわたり役に立つ哲学をお届けしています。是非、チャンネル登録してみてね

  • この記事を書いた人

ryosuke-hujisawa

-ホーム

Copyright© off , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.