ホーム

Swift3.0でassert()の覚え書き

0
0

 

環境

  • swift
  • swift3
  • swift3.0
  • xcode
  • xcode8
  • Xcode
  • Xcode8
  • assert
  • デバック
  • assert
  • precondition
  • assertionFailure
  • preconditionFailure
  • fatalError
  • Playground

assertってなに

assert()は簡単にいうとデバックツールです。アプリのクラッシュを強制できます。デバッグする機会を自分自身に与えることで、重要なポイントで私たちのプログラムを停止する機会を与えます。失敗した理由を診断するために、追加の情報をプリントアウトオプションで指定することもでき、アプリケーションの品質を向上させるために非常に貴重です。

アサーションの種類

アサーションは下記のように五つの種類があります。今回はassert()に関して見ていきます

- assert()
- precondition()
- assertionFailure()
- preconditionFailure()
- fatalError()

実装

Playgroundでやってます

その1

assert(1 == 1, "Maths failure!")
assert(1 == 2, "Maths failure!")
//assertion failed: Maths failure!: file assert.playground, line 8

その2

assert(10 > 5, "10 is not less than 5")
assert(10 < 5, "10 is not less than 5")
//assertion failed: 10 is not less than 5: file assert.playground, line 13

その3

assert(false)
//assertion failed: file assert.playground, line 12
Pocket
LinkedIn にシェア

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)

りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

-ホーム

Copyright© off.tokyo , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.