フリーランスエンジニア プログラミング・IT ホーム 技術ログ

いつ独立する?フリーランスエンジニア独立のタイミングを徹底解説【現役フリーランスエンジニアが語る】

2020年4月22日

皆さんこんにちわ りょすけ@Reactです

 

考える人

これからフリーランスエンジニアを目指す方で、独立のタイミングがわからない... いつフリーになるべき?

 

このような悩みを抱える方に回答していきます

この記事の信頼性

この記事を書く私は、現役フリーランスエンジニアとして最高月収110万円を更新⭐️しています。現在はReactを書いています。

 

本記事では、現役フリーランスエンジニアとして五年以上の経験ある僕が、「フリーランスエンジニア」の独立タイミングについて解説します。

 

まあ、ぶっちゃけ結論を言えば、独立のタイミングは『今や!』ってことなんですけどね(笑)

 

具体的に説明していきます

 

フリーランスエンジニアに最適な「独立のタイミング」とは

 

フルタイムの案件が決まったら仕事を辞めればいと思います

 

すぐに案件探しを開始してみてください

僕は何人もの同僚の正社員のエンジニア達に『フリーランスいいよ、全然キツくないよ、稼げるよ』と無責任なアドバイスをして、彼らをフリーランスにさせてきたのですが

 

別に全くの本心でして

 

それで、彼らのフリーランスのなり方は主に二つしかありませんでした

 

ポイント

・ 正社員をやりながら案件探し(99%)

・正社員をやめて案件探し(1%)

 

つまり、案件を正社員で雇用が保障されてる状態から案件を探して、案件が決まった時がタイミングです。

 

で、案件探しは正社員からでも全然できるので、身もふたもないかもしれないのですが、これだけです。

まずは副業からはじめるってどう?

よく言うんですけど

 

まずは副業から始めてみては?みたいな

 

まあ、それでもいいと思うよ

 

正社員しながら副業しつつ、売り上げを重ねていって、本業と同じくらい稼げそうであればフリーランスになるみたいな

 

まああああ、それは安全だけど、技術力とは別の能力を鍛えないといけないから時間かかりそう

 

なので、僕としては『早くフリーランスになって独立したい!』って思ってるなら

 

まずはフルタイム常駐の現場に業務委託で入ってみるのが一番『個人で生きてる』という実感を最速で得られる方法だと思います

 

技術力高ければ全然リモートでも行けると思うし、最初は常駐で入って三ヶ月にリモートとか交渉もできます

 

みんな、多分最初はそうやってると思います

フリーランスになるには多大な努力と準備が必要 ?

完全に嘘です

貯金さえいらないと思う

この記事を読んでいる方は、ある程度既にプログラマーとして経験を持っていて

 

そこそこコードが書ける人を対象にしてますが、

 

その場合、もはや何一つ準備はいらなくて、貯金さえいらないと思います

 

理由は、エンジニアとしてコードが少しでも書ければ、完全に売り手市場だし

 

副業とかではなく、フルタイムで案件に稼働することを考えれば、湯水のように案件が途絶えることはないと断言します

 

フリーランス初心者の方は、まずはフリーランスエージェントを使うのが殆どだと思うんですけど

 

その場合は尚更、営業力、ブランディング力、マーケティング費用、継続力、全ていらなくなります。

 

必要なのはただ一つ、スキルシートと面談

たった一つ準備しておかなければいけないのは、貯金や売り上げではなく、スキルシートです

 

これに関しては他の記事で散々書いてるので詳しく書きませんが、フリーランスエンジニアとして案件をとる流れは

 

スキルシートを見てもらう

面談をしてもらう

採用される

 

なので、スキルシートをしっかりと作り込むことは超大切。逆に、履歴書や学歴は全くはいらないです、ここが転職とはちょっと違うところだよね

 

参考 : 【フリーランス入門】4年未満エンジニアのスキルシートは一貫した技術で攻めろ

参考 : 【現役エンジニアが語る】高単価を狙うスキルシートの書き方【フリーランス入門】

 

で、ここが不完全だと全然面談に読んでもらえず、本当は技術力があるのに案件が決まらないという状況になってしまいます。

 

だから、ちゃんと作り込もう。

 

現役フリーランサーに実際に会おう

フリーランスに興味があるのに正社員として我慢してる人を多く見てると

 

本当に彼らには共通点があって

 

心底できると思っていない』というのがあります

 

心の中で、『俺、そんなこと本当に出来るのかな?』って思ってるんです

 

だから、実際に僕が現場で一緒になって、『ああ、こんな奴でもフリーランスとしてやってけるん?!』ってなって 笑

 

すぐにエージェント登録へ向かうみたいなw

 

まあ、僕みたいに馬鹿面(自虐!!!)してフリーランスやってる人は少ないかもしれないけど、あなたの職場にフリーランスでアサインされてる人とかに聞いてみるのも全然いいと思う。

 

もしくは、僕のTwitterにDMくれれば全然相談乗りますよ〜

 

まとめ

以上、

 

ここら辺で記事をまとめていこうと思います。

 

まとめると

フリーランス独立のタイミング

  • 正社員しながら、フリーランスエージェントとかで案件探してください。仕事終わりとか休日でも使わせてくれます
  • まずは最初はフルタイムの常駐案件で業務委託の仕事を受けて見てください。それで、請求書出して単価が振り込まれればフリーランスデビュー、おめでとう🎉
  • 副業で利益上がってきたら〜は最善の方法ですが、時間かかると思うし、技術とは別の能力が必要なので、最初はおすすめしないです
  • エンジニア業界は売り手市場なので仕事は無限にあります、だから、準備はしなくていい、今すぐに行動するのが一番リスクなし。
  • 現役のフリーランスにアドバイスをもらうのは良いかも。何故なら、フリーランスできてない人は『できない』と思い込んでる節がある

こんな感じですね。

 

まあ、他にも勿論様々な方法で稼いでる人はいますが、これが一番早くて現実的な方法です。スキルシートも、エージェントさんと一緒に作り込んでいくことも可能だし、現役フリーランサーの人に相談しても良い答えくれると思う。

 

ありがとうございました^^

Pocket
LinkedIn にシェア

-フリーランスエンジニア, プログラミング・IT, ホーム, 技術ログ
-, , , ,

Copyright© off , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.