飛び込み営業を今すぐ辞めていい理由。その会社は潰れるから。

皆さんこんにちわ^^

目先の利益。どーでもええやん。

hujisawaでございます。

本日は、飛び込み営業やテレアポの話しでございます。

先日友人が、『飛び込み営業辞めたいけど新人はまず飛び込み営業やらされるんだよね〜』と相談されたので、

その時に思ったことを書いてみたいと思います。

んで、おそらくこの記事にあなたがたどり着いたってことは

きっと

なんらかの理由により

『飛び込み営業』や『テレアポ』に関して

生産性の低さを感じずにはいられず、飛び込み営業って将来のためになるの?辞めたい!と思っている人だと思います。

そんなあなた!!!!

大正解!!!

今すぐに、飛び込み営業のコツとか、テレアポのやり方とか、考えるのをやめましょう。

さらに言えば、もしこの記事を読んでいるあなたが、

もしも、

新人で、

最近入った会社の上司やボスから、

無意味なテレアポや、飛び込み営業などの仕事を投げられてるなら、、、

そんな会社は今すぐに辞めてまええええええええええ!!!!!!

と、私は言いたいと思ってまして、

本日のエントリーでは、主に

  • 『何故、飛び込み営業をやらせる会社を辞めてもいいのか』
  • 『何故、飛び込み営業をやらせる会社は潰れるのか』
  • 『飛び込み営業やテレアポはビジネスとは言えないし、結局無駄になる確率がかなり多い』
  • 『今後はどんな会社を選べばいいのか。どんな会社で働くことが将来の自分の価値を高めてくれるのか』

これらの目次にしたがって書いていこうと思います。

この記事を読んだ後では

きっとあなたは速攻、飛び込み営業をやらせるような会社を辞める決心がつき、

もっとまともで賢い会社で心身ともに磨かれる日も近いでしょう!

スポンサードリンク

何故、飛び込み営業をやらせる会社を辞めてもいいのか

まずそもそも、あまりにも時代に逆行しすぎ

だからです!!

ていうか、何を理由に飛び込み営業なんてことをさせてるんでしょうか。

はっきり言って意味不明。

飛び込み営業で商品を売ろうなんて時代の流れに明らかに逆行してるだけだし、

本人は無駄に消耗するだけ、会社は大切な人件費を無駄に使うだけ、

意味がめっちゃない!!!

20年前だったらまだしも、

今2020年に生きてますけどとか思うんですよね。

ていうか、今の時代に

飛び込み営業で仕事をとってたり

新人に飛び込み営業をやらせようとしてたり

そういうのを見てると

それ以外に稼ぐ力もないし、それ以外に売上をあげられる方法もないから

消去法的に飛び込み営業を選んでるとしか思えない

今の時代、インターネットやSNSなども上手く活用して

しっかりと新しいお客様を獲得しているような企業が無数にある中で

それに対抗する手段が飛び込み営業とか無理じゃない!?

って思うのは私だけでしょうか。

スポンサードリンク

飛び込み営業やテレアポはビジネスとは言えないし、結局無駄になる確率がかなり多い

私個人的には、

飛び込み営業ってビジネスですらないんじゃないかと思うんです。

だって、飛び込み営業の多くは、別に今自分の商品を欲しいとすら思ってない人に

所謂突撃していくわけですよね。

潜在顧客が誰で〜とかマーケティングすらせずに

今日はこのエリアや!みたいなノリでやってたりするのでしょうか

学ぶべきことが他に無限にあるのに学んでない証拠

ですね。

今の時代、

自分たちの顧客が『誰なのか?』を深く調べる方法は飛び込み営業なんて効率の悪いことをしなくても無限にありますし

自分たちの顧客が『何を求めているのか』を調べる方法も飛び込み営業なんて効率の悪いことをしなくても無限にあります。

toBだとかtoCだとかは全く関係ありません。現場の声を聞くことは大切ですが、そんなもんアポとって行けや!って思います。

営業時間中で忙しいのに無意味に電話とか訪問とかされると

かなり、迷惑なんですよね 🙁

そう言えば、余談ですが、

うちでは、化粧品の代理販売で、webでshopを持ってるんですけど、

この前、某大手の子会社の広告の企業が

『電車のつり革への広告を載せませんか』

とDMと電話をしてきて、SEOとかウェブ広告もコンサルしてるって言うんです

なんで自分たちのお客はDMと電話で取るねん笑と心の中ですごく思いました。

広告のプロなのに、SEOとかウェブ広告コンサルしてるのに、

自分たちのお客はDMと電話で取るっておかしな話しやわ〜

こっちはウェブのプログラマー出身だと言ってるのに、LPの制作が150万とかえり得ない値段で交渉してくるし

この会社は将来危険やわと思いました

スポンサードリンク

昔の話し

例えばですが

昔は、テレビと新聞と雑誌くらいしか情報を獲得する方法もなく、

ある意味で情報は受動的に与えられる人が多かったから、

電話や飛び込みでも来る情報を集めたりすることは意味があったと思うんです。

(それでも迷惑やわ〜〜って思われることは多々あると思うけど)

でも、流石に今は、誰でも自分が欲しいものを調べられるし

彼らは自分で勝手に欲しいものを検索しますから

わざわざあっちからやってこなくても、

欲しいものを俺たちは既に知ってるし、欲しけりゃこっちで調べて買いに行くわ!

となるのが普通の頭で考えればわかることです。

スポンサードリンク

今後はどんな会社を選べばいいのか。どんな会社で働くことが将来の自分の価値を高めてくれるの

以上の理由を持ってしまして

飛び込み営業をやらせる会社に将来性はないっていうのと、

飛び込み営業辞めたいと思ってる人は今すぐに会社を辞めていいです。

そして、これからしっかりと伸びる会社っていうのは

無駄に効率の悪い営業とかは行わずに、

しっかりとマーケティングを自社で行って

(広告代理店に丸投げとかオワコン)

自社の潜在顧客を徹底調査できるような勉強熱心な会社ですし

広告もマーケティングもインターネットを上手に活用してブランディングができる会社です。

何度も言いますが

今は、安価に、超安価に、インターネットで『自分の顧客は誰か』

を知ることができますし、それを知れば

無意味な飛び込み営業や、テレアポをする意味はありません。

そんなことをしてるくらいなら

本でも読んでしっかりとマーケティングやSEOやウェブ広告を勉強したりする方がまだ生産的です。