JAXAの宇宙飛行士候補者募集に1,563件の応募。そのうち女性が20%

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は3月4日、13年ぶりに宇宙飛行士候補者の募集を終了し、4日正午の締め切り時点での応募者数が1563人であったことを発表した。候補者の募集は2008年以来で、募集要項には「多様性の尊重」などの文言があり、現在の社会や時代を反映している。

女性応募者の比率は13年前に比べて7%増加

応募者総数のうち、女性が占める割合は20%でした。これは約310名という計算になります。前回募集した2008年は、応募者数963名に対して女性比率は13%だったので、13年間で7%増加したことになる。

JAXAによると、最終的な応募者数は、健康診断の結果(健康診断書を含む)の提出期限を経て決定し、4月5日に発表する予定だという。
応募は身長149.5cmから可能。

宇宙飛行士候補者の選考は、書類(エントリーシート)選考に始まり、今回から英語試験を含む一次0次選考が行われる。その後、一次選考、二次選考、三次選考と続きます。

JAXAが求める宇宙飛行士候補者の条件は、次のように説明された。

1.国際共同プロジェクト、多国籍メンバーチームにおいて、日本の代表として、多様性を尊重しつつ、協調性を発揮し、ミッションを成功に導く十分な指導力を有すること。

2. 来るべき国際宇宙探査ミッションを見据え、様々な環境に適応する能力を有し、宇宙という極限環境下での活動においても、自己を律しつつ、柔軟な思考と集中力をもって、適時的確な判断と行動をとることができること。

3. ミッションへの参加を通じて得た経験・体験・成果を表現・発信し、世界の人々と共有する能力を有し、人類の持続的発展や次世代に貢献するために活用することができる。

応募資格に年齢制限はなく、4年制大学(自然科学系)以上卒業という条件もなくなり、自然科学系でなくとも3年以上の実務経験があれば応募できるようになった。

また、前回2008年の募集時に「158cm以上」としていた身長の条件は、「149.5cm以上」に変更された。宇宙船搭乗のための身体的要件は、宇宙船の改良・新規開発により緩和された。

前回の募集時に比べ、条件が大幅に緩和されていたことがSNSで話題になった。

RSS714
Twitter294
Pinterest450
LinkedIn94
Share
Instagram119
藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

科学ニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。