「イーサリアム2.0」とは?環境破壊やGPU価格の問題を解決できるのか?

 

昨今、しばしば「ETH2.0」と呼ばれる新しいETHの規格が話題になっています。ETHに限りませんが、兼ねてよりこのての暗号通貨の問題は、

GPU価格の高騰や、マイニングにより電気の使いすぎで環境を汚染するなど、色々と問題視されていました

今回提案された 「ETH2.0」の変更は、それらの問題を解決できるのでしょうか?

イーサリアム2.0とは?

イーサリアム2.0とは、一般的に使用される用語であり、

通常イーサリアムのプルーフオブワークからプルーフオブステークへの切り替えを表します。

これにより、簡単に言えば、イーサリアムからマイニングという作業が消滅します。

2022年1月24日の時点で、このアップグレードは「Eth2」または「Ethereum2.0」と定義し、

財団はそれを「マージ」および「ドッキング」と呼んでいます。

これまでのイーサリアムの問題

イーサリアムのアップグレードの必要性を理解するには、イーサリアムの現在の欠点を理解する必要があります。

今のところ、イーサリアムのより広い成長の妨げになっている課題としては、下記のような問題点があります。

  • 高いガス料金: 「ガス」はイーサリアムネットワークを動かすものです。 これに支払われる料金 は、ネットワークを実行するための計算能力を提供します。ガス価格は、イーサリアムネットワーク上のリソースの需要に基づく変動市場価格です。 需要が高ければ高いほど、ガス料金も高くなります。 誰かが喜んで支払うガスが多ければ多いほど、トランザクションはより速く実行されます。 つまり、イーサリアムアプリケーションの人気が急上昇すると、ガス価格が法外に高くなる可能性があり、トランザクションを実行するために、トランザクションされるトークンの値よりも多くのコストがかかる場合があります。
  • 電力使用量: 現在、イーサリアムブロックチェーンでコンセンサスを確立することは、「プルーフオブワーク」と呼ばれるイーサリアムネットワーク上のノードによって解決されなければならない暗号パズルに基づいています。 イーサリアムの人気が高まるほど、ブロックチェーンを検証するためにより多くの計算作業が必要になり、ネットワーク上のノードがより多くの電力を使用するようになります。 その結果、 頻繁に イーサリアムネットワークを運用すると電気の使いすぎて環境汚染が発生し、自然環境に損害を与える場合があります。
  • ディスクスペースの使用量: Ethereumネットワークのサイズが大きくなると、Ethereumブロックチェーン履歴 がより多くのディスクスペースを必要とします 。 これにより、完全なノードを実行できるユーザーが制限され(実行の価格が上がるため)、ネットワーク上のノードの数が制限されます。
  • ネットワークの輻輳: 計算量が多い場合、イーサリアムの動作が非効率になると、ノード間の通信でネットワークの輻輳が発生し、スマートコントラクトの実行が遅くなります。 この輻輳は、イーサリアムネットワーク上で合理的に実行できるアプリケーションの複雑さを制限します。
  • GPUの価格: イーサリアムネットワークでの計算の需要が高いほど、より多くのガスが支払われる可能性があり、より多くのお金を稼ぐためにより多くのGPUを購入しなければならなくなります。これによりGPUの不足が発生し 、グラフィックカードの価格が高騰する 。 GPUの高価格は、ゲームやニューラルネットワークなどのGPUの他のアプリケーションに劇的な影響を及ぼします。

イーサリアム2.0はガス料金を下げるのか?

「Ethereum2.0」は現在、さまざまな意味を持ち、時間の経過とともにさまざまな目標に分割されているため、

ガス料金を削減できるかどうかは、まだ正直わかっていません。

事実として、イーサリアム財団もそうなるとは約束していません。 ガス価格は 需要に基づいているわけですが、

イーサリアムネットワークの計算能力を高めることで料金を削減できる可能性もあります。

ただし、それは少なくとも2023年までメインのイーサリアムチェーンにもたらされるとは予想されていません。

言うまでもなく、イーサリアムのアップグレードとその効果の問題全体は複雑であり、

ネットワークのサイズ、イーサリアムの価値、NFTの需要、ノードオペレーターの気分など、一連の動的条件に基づいています。

それは日々大きく変化する可能性があります。 それがすべてどのように実行されるか、

そしてイーサリアムの変更が暗号のより広い世界にどのような影響を与えるかは、時が経てばわかります。

いずれにせよ、イーサリアムをプルーフ・オブ・ステークに切り替えることは、画期的な動きであると広く期待されています。

それが将来の暗号通貨によって模倣される場合、部の組織または政府が暗号通貨を完全に受け入れることを妨げる障壁を取り除く可能性さえあります。

RSS714
Twitter294
Pinterest450
LinkedIn94
Share
Instagram119
藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

ETHEthereumweb3ブロックチェーン

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。