ホーム

『今、もし俺が潰れそうな会社の経営者だったら』って話を書いてみる

2020年4月24日

皆さんこんにちわ、りょすけ@React です

 

本日は、ちょっとした日記みたいに思いを綴るだけのエントリーです

 

『今、もし俺が潰れそうな会社の経営者だったら』って話し

 

自分は、そんなことを偉そうに語れる経験など勿論ないけど、考えてみたいと思った。

 

何故なら、今、経営判断はめちゃくちゃ難しいから。

 

人の移動が制限されてるこの状況で、このまま経済が復活する見込みは薄く、一歩間違えれば倒産、なんなら自己破産の確率すらある

 

超低金利、無担保で融資が受けられるって言うけど、借金しても倒産&自己破産が濃厚なら、そんなもん誰が借りるんだ?

 

借金やで、借金

 

zozoの前澤さんが、『借りれるだけ借りて、それで返せないなら仕方ない』って結論付けてたのを聞いて

 

マジか... 流石の大胆な言動だ!って感心した

 

将来はわからない、俺は、前澤さんみたいに超優秀な経営者じゃないから、今リスク取りまくって復活できる自信があまりない。

 

噂じゃ、こんな状況があと一年、二年、続くって聞く、

 

いくら借金すればいいんだよ...

 

そう言えば、俺の知り合いにも、二店舗を運営するバーの経営者がいるんだけど、

 

彼曰く『先の見えない状態で今止まれば、私達は100パーセント解散に追い込まれる』って言ってて

 

彼は特別支援の融資を受けて、先の見えない状態で最大限の努力を続けてる。

 

良いか悪いかはよくわかんないんだけど、営業時間すらむしろ延長してる

 

俺は、彼の姿もすげえなってマジで感心してる、

 

命を削って、従業員と店舗を守る姿勢、

 

俺が彼と同じ立場なら、俺はああいう選択ができただろうか?って最近よく考える

 

で、悲しいけど俺多分決断する『一旦店舗を解散して、従業員を解雇する』

 

もちろん、俺と彼(バーの経営者)自身の経験や能力、持ってるノウハウはめちゃくちゃ違うし、

 

別に俺と彼だけに限った話しじゃなくて、様々な会社の規模や業種にも寄るんだろうけど

 

なんて言うか、一般的な判断として、俺は、今、リスクをとるって決断はちょっとできない、(この時点で小物なのかも)

 

例えば、俺の父親も経営者で、彼は今現在追加で借金をしてないけど、ある意味では、彼らは人材は、人財って考えてる感じがある。

 

つまり、自分の会社の従業員をめちゃくちゃ大切にしてる、人を、物みたいにリプレイスできないらしい、

 

彼曰く、人を大切にできない経営者の会社は伸びないんだって

 

俺は、その大切なことをめちゃくちゃ学んでるし、めちゃくちゃ理解できるし、自分もそうなりたいと思うんだ。

 

が、今、外に出るだけで犯罪者扱いされる、この、誰も予想できなかった事態に直面して、会社と己が死亡するリスクをとって、

 

全てを守ろうと躍起になることは本当に正解なのだろうか

 

何度も言うが、一歩間違えれば自己破産する。自己破産したら、復活するのめっちゃ難しくなりそう。

 

俺は、従業員を雇った経験もあるし、従業員を解雇した経験もあるが、今は従業員を雇っていない単なるフリーランサーです。

 

悲しいことに、熱い情熱を持って仲間と一緒に事業を育てた経験もないです、だから、そんな部外者が何を言おうが全く意味がないのはわかってるんだけど、

 

そんな俺からしてみたら、今は一旦、事業規模を最大限に縮小させて、固定費を最大限に削ることを考えてしまう。

 

つまり、銀行からお金を借りてもいいのだけど、今は会社を冬眠状態にしても支出を最大限に抑える必要があり、そのためなら、一旦店舗と人材を解散させるくらいの決断をしなきゃいけないのではないかって思ってる

 

借金をしても、借金で従業員を守ろうとは本当に今は思えない、借金をして、法人とブランドを確実に生かす選択をすると思う。

 

こんな選択肢が一番良いと考えてしまう俺は経営者として超未熟者なのだろうか。10年後、20年後、実際に長く経営者として組織運営の経験を積めば、意識は変わるのだろうか

 

どっちが正解で、どっちが不正解かなんてわからない。どっちを選べば将来もっと成功できるのかもわからない。

 

わからないから、難しい。経営判断は、超難しい。

 

俺の家族が運営する会社は、今、化粧品製造販売をしていて、俺はそっちの経営も手伝っています

 

で、そっちはまさに経営危機に直面してて、コロナでトドメを撃たれそう

 

俺は今、いつもその会社のことを考えています

 

もし、今コロナがなかったら俺は銀行に行ってガツンと資金調達して挑戦したと思う

 

そういう挑戦ができそうなくらい、最近は知識がついてきた。

 

それに、うちの化粧品は、そのくらいポテンシャルが強いプロダクトだと思うから。(ここで買えるから買ってくれたらマジ感謝の手紙書きます)

 

でも、今はそれ俺出来るかなって思う。多分むり。

 

だからこそ、今は会社のブランドと法人を守らなければって躍起になってしまって

 

こういう決断を家族へ促してるが、社長はそれを受け入れず、従業員を守ろうとしてる

 

嗚呼、立派やなって感じ。

 

俺の家族が経営してる会社は化粧品製造だけど、これが飲食店ならまた状況が違うし

 

俺の家族が経営してる会社は従業員が3人しかいないけど、これが従業員何十人もいる会社ならまた違った戦略があるんだと思う

 

皆んな必死にやってる

 

でも俺はこんな状況でも、色々従業員の文句を言いつつも、最後は結局『どんな状況でも人を大切にしない経営者が運営してる会社は全然ダメになる』という姿勢に転換する彼の姿勢は最大限リスペクトしようと思ってます。

 

以上

 

ありがとうございました٩( 'ω' )و

Pocket
LinkedIn にシェア

ご報告

off.tokyoは法人化しました、Web/Mobile コンサルティングのご相談なら、bid companyへお問い合わせください :)

ご提供 sponsor
 

Meee!(ミー)は、ビジネスからプライベート利用まで、個人のスキルを気軽に売り買いできるスキルマーケットです。カテゴリや居住地から、検索することが可能です。

 

ランゲージエクスチェンジは、ネイティブスピーカーと気軽にマッチングできる言語交換プラットフォームです。あなたの地元に住む外国人を探したり、留学や海外移住の前に、現地のネイティブスピーカーと繋がることもできます!

宣伝
 

りょすけトークchは、仕事や私生活をより豊にするYouTubeチャンネルです。文献(本、映画、論文)から役に立つ情報をまとめ、生涯にわたり役に立つ哲学をお届けしています。是非、チャンネル登録してみてね

  • この記事を書いた人

ryosuke-hujisawa

-ホーム

Copyright© off , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.