ホーム

何故出来ないの?と聞く人がいますがそれが分からないから出来ないのだと思いますが、どう答えるべきですか?

 

皆さんどうもこんにちわ、りょすけです。

 

本日も、Quoraの質問にお答えしようと思います。

 

本日選んだ質問はこちら!

 

何故出来ないの?と聞く人がいますがそれが分からないから出来ないのだと思いますが、どう答えるべきですか?

 

昔、ラッパーのクレバが、こんなことを言っているのを聞いたことがあります。

オレ、学生時代に塾の講師のバイトとかしてみたいって思ったんだよね、でもオレ、「何故、出来ないんだよ」ってなっちゃうから向いてないんだよね』と。

僕は思うのですが、

一生懸命理解しようと頑張っているのに、それでも教えてくる側の言ってる意味が解らなければ、それは教え方が悪いってことです。

実は、私は人に教えるのがとても苦手でして、

理由は、人に教えてる時間があるならば、自分がもっと勉強することに時間を使いたいと思ってしまうからです。

だから、教え方が雑になり、そして横着してしまいます。

が、他方では自分の考えや学んだことを、相手に伝えたいという気持ちも持っていまして、有り体に言えば『理解してほしい』という気持ちと、『面倒くさい』という相反する気持ちがアンビバレントな状態にあります。

だから私は、人への教え方を、本から独学しているところであります。

例えば、世の中には『オトナ相手の教え方』という本が存在していまして、この本、とても勉強になります。

まだ全部読めてないのですが、

この本には、こんなことが書いてあります。

教える目的は、「現状と目標の差を埋める」ということです。そのために、教える側がすべきことは、「現状のレベル把握」と「目標のレベル検討」です。まず、「現状レベルの把握」から見ていきましょう。

この文章を読んだときは、とても勉強になるなと思いました。

教えることの本質は、学習(獲得・参加・変化)の手助けであり、人に何かを伝え、理解してもらいたければ、相手本位にならないといけないわけです。

もし、相手のレベルが3だった場合、次に教えるべきことは6でも8でもなくて4ですよね。

そして重要なことは、相手が4という知識を、いよいよ知りたい状況にあるんだという前提に立たなければいけませんよね。

また最近僕が見つけた本をもう一冊紹介したいです。

ドーンッ

世界十五大哲学の中には、こんな一節があります。

「わかる」というのは、ある物事について、少しだけ、あるいはぼんやりと知っている、だがはっきりとは知らない。こういう場合に、はっきり知りたい、という要求がおこり、他人にその物事について問う、ということがおこるのである。 そこで、相手の説明を聞いて「わかった」と思うのは、以前にはぼんやりしたものが明確になった場合であろう。そのためには、自分があらかじめもっていた知識が、相手の説明と結びつかなければならない。これを説明する人の側からいえば、問うている人の、既にに持っている知識をひきだして、それを展開し、足らぬところを補い、深め、高めてやらなければならない。

目から鱗うろこ)ですね。

つまり、相手の全く訳わからないことを一生懸命説明しても、相手はより五里霧中になるだけってことです。

半分くらい承知しているけど、手の届かないフワッとしてる部分を言語化して分かりやすく説明して欲しいと思っているんですね。

余談ですが、最近のビジネス系のユーチューバーで伸びてる人とかは、実にこういうやり方が上手だなと思って感心することが良くあります。

誰もがアテンションしそうなセンセーショナルなタイトルとサムネで釣ったあとに、誰もが当たり前のように感じてる課題や問題を提示して、半分くらいは当たり前みたいなこと永遠と言ってる感じに聞こえるんだけど、その中に何かしら教訓めいたことを、理路整然と言うので「たしかに〜勉強になるなあ」と感じる訳です。

話が脱線したんで、戻しますけど、

何故出来ないの?と聞く人がいますがそれが分からないから出来ないのだと思いますが、どう答えるべきですか?

『お前、教えるの下手くそだな、他の人を当たるわ!』

で良いと思います。

Pocket
LinkedIn にシェア



新規webサービスの開発の依頼ならoffテク⭐️

低コストで、Reactなどモダン言語での新規webサービス開発を承ります

-ホーム

Copyright© off , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.