YouTube、世界中でロシアの国営メディアをブロックすると発表

YouTubeは、ロシアの国営メディアに関連するYouTubeチャンネルへのアクセスを全世界でブロックすると発表しました。これらのチャンネルへのアクセスは、3月初めからヨーロッパ全域で制限されていた。この変更は即座に有効となるが、「我々のシステムの対応には時間がかかることが予想される」とYouTubeは公式Twitterアカウントでつぶやいている。

YouTubeのガイドラインでは、十分に証明された暴力的な出来事を否定、矮小化、軽視するコンテンツを禁止しており、ロシアのチャンネルはこのルールに違反しているためブロックしているとYouTubeは説明している。また、ロシアのウクライナ侵攻に関連するコンテンツもこの方針に反しているため、削除している。

YouTubeによると、ウクライナ侵攻などに関するポリシー違反のチャンネルはすでに1,000以上、動画は15,000本以上削除しているという。

また、YouTubeは「我々のシステムは、人々を信頼できるニュースソースにつなげる役割も果たしている」とも述べている。これまで、ホームページのニュース速報とトップニュースのセクションは、ウクライナで1700万回以上視聴された」と述べている。

一方、ロシアの通信当局は、ウクライナからロシアの侵略者に対する暴力を呼びかけるコンテンツを容認するメタの決定を受け、1月14日からインスタグラムを禁止すると発表、約1週間前には同様にフェイスブックへのアクセスをブロックしている。

英国の元副首相でメタの国際担当社長であるニック・クレッグは、ロシア政府がメタを「過激派組織」に指定することを検討しているという報道について、メタがヘイトスピーチに関する規則を変更したことなどの感想を述べている。メタ社に対して刑事捜査が開始されたとロイター通信は報じている。

クレッグ氏は、「はっきりさせたい。我々の方針は、自国への軍事的侵略に対する自衛を表明する人たちの言論権を守ることに重点を置いている」と述べた。実際には、我々の標準的なコンテンツポリシーが調整なしに適用された場合、侵略軍に対する抵抗や憤りを表現したウクライナの人々のコンテンツを削除しなければならないだろう」と述べている。当然、これは容認できないものとみなされるだろう」(クレッグ氏)。

このポリシーは一時的なもので、ウクライナにのみ適用されるとクレッグ氏は述べた。

ロシア国民を不幸にしているわけではない」とし、「ロシア国民に関するヘイトスピーチ政策に変更はない」とした。我々のプラットフォームでは、反ロシア感情やロシア人に対するいかなる差別、嫌がらせ、暴力も容認しない」と述べた。

RSS714
Twitter294
Pinterest450
LinkedIn94
Share
Instagram119
藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

ITニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。