ユニクロ、ウクライナの人道支援活動に11億5000万円と20万点の衣料を寄贈

ファーストリテイリングは、国連難民高等弁務官事務所(以下、UNHCR)の要請を受け、ウクライナ及び周辺地域における緊急人道支援として、UNHCRに1000万米ドル(約11億5000万円)を寄付することを発表しました。この寄付金は、避難所の設置、支援物資の配布、子どもたちの心のケアなどに活用される予定です。

ファーストリテイリングは、今回の寄付に加え、ユニクロのヒートテック毛布、ヒートテックインナー、エアリズムのマスクなど計10万点と、国内のユニクロ店舗で回収した冬物衣料などのリサイクル品10万点を、ポーランドなどに避難している難民に提供する予定です。

国連機関によると、ウクライナには国内避難民が700万人、難民として国外に避難している人が400万人いると推定されています。冬の寒さが厳しいウクライナや近隣地域では、3月でも気温が氷点下になることが多く、防寒対策は急務となっています。このような状況を受け、UNHCRのフィリッポ・グランディ国連難民高等弁務官は、世界各国の政府、企業、個人に対し、支援の必要性が高まっていることを訴え、今後3カ月間で2億7000万ドル、さらに6カ月間で2億4000万ドルを地域の難民対応に提供することを呼びかけています。

RSS714
Twitter294
Pinterest450
LinkedIn94
Share
Instagram119
藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

ITニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。