『圧倒的』Webで100万人に読まれる文章を、私達に書かせてみませんか?

初めまして。このサイト(off)にアクセスいただきありがとうございます


藤沢 瞭介(ふじさわ りょうすけ)と申します。


私は、かれこれ5年以上、Webで読まれる文章を書いてきました。


「休日に仕事のログでも残すか」という些細な趣味からサイトの名前(off)が決まり、


気がつけば、文章を書くのが大好きになりました。


2020年、ブログへの総アクセス数は15万を超え、


月間PVは最高35000PVを超えました。


しかし、僕がアクセスを集められるようになったのは本能に最近のことです。


最初は、俺のブログなんて誰が読むんだ?という風に思いました。


僕は元々唯のプログラマーでしたし、


特にブログネタもないから、技術ログを垂れ流すだけの記事しか書いてませんでした。


当然のことながら、最初は月間アクセス数を見るたびに絶望、


無料ブログなども挑戦し、ブロガーっぽい記事を書いてみますが、


一週間、、、二週間、、、三週間、、、


経過するたびに心はバキバキに折られ続け、最終的には記事の品質はクソほどにもなくなり、


ブログ自体書くのをやめてしまいました。


でも、私の中でブログはどうしても気になる存在であったのは確か。


ネット広告業界の勢いが止まらないように、


誰でも自由に発信できるようになった世の中だからこそ、


webメディアの価値は上がり続けていたのです。


それに、そもそも僕は文章の持つ力にほとんど毎日陶酔していました。


毎日誰かが書いた本を読み感動し、毎日誰かが書いた名言に酔いしれ、


何よりも、毎日誰かが書いたコピーに魅せられて商品を買っていました。


文章には、恐ろしい力があると当時から気がついていました。


僕には、その秘密が一体なんなのか全くわかりませんでした。


正直、今も完璧にわかっているかと問われれば疑問符だらけ。


まだまだ勉強が必要だし、


死ぬまで僕は文章の持つ力を学び続ける。


文化というのは、そもそも文章があったから生まれました。


世界で最も長く生き続けている文化、


それは言わずもがなですが、宗教です。


宗教は、言葉によって定義づけられ、言葉によって守られてきました。


うまく言葉を操れば、宗教の教祖になり人々を悟りの境地に誘うこともできる。


そんな力、持てたら凄まじいとおもいませんか。


文章は、時代を経るたびに簡単になって行っています。


今、日本人の文章力が落ち続けているのは、素晴らしいコピーに慣れてしまったから。


だから、僕はwebで文章を書く前に様々な文献にあたり、文章の答えを探し始めました。


三島由紀夫、司馬遼太郎、夏目漱石、川端康成、村上春樹 ... etc


自分が投入できる時間の全てを捧げて文学を学ぼうと努力しました。


その結果、気がついたことがあります。


それは、Webで読まれる文章には、ある種、ノウハウがあります。


いや、これはwebに限った話しではありません。


人の心を動かす言葉には、ルールがあり、そのルールを基盤として、芸術の領域さへ存在している。


冗談抜きで、言葉を自由自在に操ると、芸術的レベルに稼げるようになります。


コンテンツマーケティング、コピーライティング、ダイレクトレスポンスマーケティング、


世の中には、文章を使った様々なマーケティング手法があります。


文章を学んだ人間は、その全てに精通することができます。


御社では『圧倒的に読者に読まれる文章を作りたい』


という欲求がありますか?


広告を作るため? 求人を募集するため? 商品を販売するため? 


文章は、誰でも書くことができます。


しかし、相手の心を動かす文章を書くのは最上級に難しい。


それは、皆さんが考えるよりも遥かに残酷です。


特に、webはその傾向が顕著です。


読書は、文章を一瞬で判断し、一瞬で去っていきます。


だから、出会い頭にアッと云わせないと、


Web上では人々は記事を全然読んでくれません。


一言一句、神経を尖らせて執筆をしなければいけません。


私達は、Webで読まれる文章を書くプロ集団です。


言葉は、伝え方一つで、花束にもなるし、AK47(ライフルの名前)にもなります。


リスクを冒して、他者に自分たちをよく覚えてもらうために、


しっかり戦略的に発言をしなければなりません。


伝えたいこと、良いところが沢山あるのは分かります。


しかし、沢山の魅力を伝えてもお客様は聞き逃してしまいます。


コンバージョンしません。


わたしたち製作者は、お客様の話をよく聞き、良いところを知った上で、


あれもこれもと言わずに、


ポイントを絞った、短く、感じのいい伝え方を考えます。


もし、御社でこれから、文章をwebで発信し、


『自社の売り上げに繋げたい』という欲求があるのであれば、


私たちがカバーできる範囲は広く深いです。


広告のコピー、プロダクトローンチ、コンテンツマーケティング、SEO、SNS運用、


Webの至る所で文章の力は発揮されます。


商品はコンバージョンし、


読者は幾度でもリピートし、


検索では常に上位に表示され、


質の高いフォロワーは増えていきます。


御社の企業価値は高まり、ブランドは成るでしょう。


そんな圧倒的な成功体験を、


私たちと一緒に作りませんか?


私たちの仕事は、ただ作るだけではありません。


お客様の商売にプラスを与え続けるパートナーになりたいと思っています。


是非、ご相談ください


お客様の声

一番最初はyentaでのやりとりがきっかけでした。 SEOやオウンドメディア運用の無料相談会にお呼びいただき、seoやメディアの話を聞いてもやっぱり勉強になる内容ばかりでした。 しっかり傾聴していただいたので、話しやすい、かつfbやブログ非常に充実していて、 いつも参考にしています!
高島渓太 様
w2 ソリューション株式会社
藤沢さんとは、出版会社のプロモーションの設計で大変お世話になってます。 彼は、とても真面目で誠実で、何より勉強熱心です。 常に新しいものを取り入れようとする姿勢も好印象です。 また、仕事に関しても、伝えたことや要望に関して、 プラスアルファの提案や自分の意見を一緒に添えてくれる、 とても頼もしいパートナーです。 まだ若いのにしっかりしているなと、いつも思うばかりです。 彼自身もこれからさらなる成長をされることだと思いますし、 人を思いやる優しい気持ちを、人一倍持ち合わせています。
植田隼人 様
コンテンツ・プロデューサー
offさんとは、弊社のオフィシャルHPの作成~コンテンツ制作を依頼させていただきました。丁寧にこちらの要望を聞いてくれて、素晴らしいコンテンツマーケティングのノウハウもありがたかったです。細かい指示にもきちんと最後まで対応してもらえました。作成後のアフターケアもしてくれるので安心して仕事ができます。
小原 一将 様
株式会社 sing

筆者 (藤沢瞭介)

趣味で書き始めたoffブログを15万PVを超えるメディアへヒットさせる。150万PVのお化けサイトの運営に携わった経験もあり。毎日更新で書き続けているブログは月間4.5万PVを超えることも... Webで読まれる文章は、情報を伝えるのではなく、感情を届けるもの。ライティングのスキルを日々磨き中...

よくある質問

料金体制を知りたいです

料金体制に関しては、プロジェクトの内容や、媒体、規模感に大きく寄りますので、一概には言えません。ごめんなさい。お問い合わせください。

記事は全部藤沢さんが書くんですか?

現在、お陰様で多忙を極めておりまして、御社からお問い合わせいただいた時点で、僕のリソースがどこまで取れるかはご相談させていただく必要があると思います。その場合、うちで専属契約してるライターが書きます。いずれにしても、品質はお約束しますのでご安心を。

最低いくらからなら頼めるのか知りたい

なるほど。分かりました。一番ミニマムで頼みたいということでしたら、月間3万円〜承ります。稼働範囲としては、限られてきますが、自社で全部やりたいけど、手助けして欲しい、添削して欲しい、SEOやWebライティングを教わりたい方はご相談ください。

御社は法人ですか?

いいえ、この事業はまだ法人ではありません。個人事業で行っています。

今すぐ無料でお問い合わせする!

必須 お名前

必須 メールアドレス

任意 題名

任意 メッセージ本文

マーケティングは価値である

『マーケティングは複雑すぎる。人々に、私たちの存在を覚えさせるチャンスはほとんどない。NIKEはすごいよ、だって彼らは靴を売ってるんだよ』 BY スティーブ・ジョブズ

考えて、信じて、やり切る

まず最初に考える。第二に信じる。第三に夢見る。そして最後に思い切りやる。』 BY ウォルト・ディズニー

Copyright© off , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.